ファイルサイズを設定 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ファイルの終わりのマーカをファイルの先頭のサイズバイトに設定することによって、ファイルのファイルサイズを設定します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

ファイルは、refnumまたはファイルパスです。 ファイルパスの場合、ファイルパスで指定されたファイルがこのノードにより開かれます。
サイズ(バイト)は、ファイルのサイズ(バイト)です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は、関数が読み取るファイルのrefnumです。 ファイルの処理によって、この出力は他のファイル関数に配線できます。 デフォルトでは、ファイルパスによって参照されている場合、ファイルを閉じます。 ファイルがrefnumの場合、またはrefnum出力を他の関数に配線した場合、ファイルを閉じるまで、LabVIEWはファイルが使用中であるとみなします。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった