権限を設定 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスで指定したファイルまたはディレクトリの所有者、グループ、および権限を設定します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

詳細  

権限には、ファイルまたはディレクトリに設定する新規の権限を指定します。 設定する権限を定義する方法については、権限を設定するを参照してください。
パスは、アクセス権を変更するファイルまたはディレクトリを指定します。
新規所有者は、ファイルまたはディレクトリに設定する新規所有者を指定します。 新規所有者が空の場合、VIでは所有者を設定しません。
新規グループは、ファイルまたはディレクトリの新しいグループを指定します。 新規グループが空の場合、VIではグループを設定しません。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パス出力は、パスをそのまま返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

権限を設定の詳細

新規所有者新規グループ、または権限を指定しない場合、この関数は現在の設定値をそのまま返します。

(Windows) この関数はWindowsでは所有者とグループをサポートしていないため、この関数は新規所有者新規グループを無視します。

(macOS) パスがファイルを参照している場合、この関数はmacOSではファイルの所有者またはグループをサポートしていないため、新規所有者新規グループを無視します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった