タイプと作成者を設定 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスによって指定されたファイルのタイプと作成者を設定します。 タイプおよび作成者は4文字の文字列です。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

ファイルのタイプ作成者の設定は、macOSでのみサポートされています。

パスは、読み取るタイプまたは作成者があるファイルまたはディレクトリを指定します。
タイプは、指定されたファイルのタイプです。 タイプが4文字以外の文字列の場合は、エラーが発生します。
作成者は、指定されたファイルの作成者です。 作成者が4文字以外の文字列の場合は、エラーが発生します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パス出力は、パスをそのまま返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった