権限を設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

権限を設定」関数には、作成したファイルおよびディレクトリへのアクセスを制御可能にする権限入力が含まれています。設定可能な権限を定義するには、「権限を取得」関数の権限出力を「権限を設定」関数の権限入力に配線するか、定数または制御器を配線します。

次の図は、権限パラメータの形式を示します。

権限パラメータが使用する9ビットは、ユーザ、グループ、他のユーザの3つのセットに分かれます。さらにそれぞれに、読み取り、書き込み、実行の3つの権限カテゴリがあります。読み取りでは、あるセットのメンバにファイルまたはディレクトリからの読み取りを許可するかどうかを決めます。書き込みでは、あるセットのメンバにファイルまたはディレクトリへのデータの書き込みを許可するかどうかを決めます。実行では、あるセットのメンバにファイルの実行を許可するかどうかを決めます。権限ビットがオン(値が1)になると、あるセットのメンバにその権限が与えられます。

たとえば、あるユーザにファイルの読み取り、書き込み、および実行権限を与えて、グループと他のユーザには与えない場合、9ビットは次のようになります。

このビット構成は、ユーザ、グループ、および他のユーザに対する読み取り、書き込み、実行権限を指定するLinux権限ビットに基づいています。

(Windows) 権限パラメータの使用は、Linuxオペレーティングシステム以外では非常に限定されています。ユーザに対する書き込み権限(ビット7)を変更する目的のみで権限を使用することができます。その他のビットに対する変更は無視されます。バイナリ値0権限に配線することで、ユーザ書き込み権限を拒否します。新規ファイルまたはディレクトリを作成すると、オペレーティングシステムは読み取り/書き込み権限を許可しますが、ユーザが読み取り権限を変更したり、グループや他のユーザに権限を設定することはできません。実行権限はLinuxオペレーティングシステム以外では適用されません。したがって、権限0を配線しても、新規ファイルまたはディレクトリに対するユーザ書き込み権限しか変更することができません。(Windows) OSも、新規にディレクトリを作成する場合、 権限を無視します。新規ファイルを作成する場合のみ権限を使用できます。

(macOS) 読み取りカテゴリ、書き込みカテゴリ、実行カテゴリはそれぞれ、See Files、Make Changes、およびSee Foldersアクセス権限に対応します。

権限には、任意の数値形式の値を入力できます。たとえば、8進数形式に数値形式を変更して、ファイルまたはディレクトリの権限を設定するバイナリ数を短くすることができます。8進数形式は、パラメータ内の各3ビットグループを、1つの8進数値に短縮します。(Windows) たとえば、ファイルを書き込み可能にするには、8進数の200を入力します。これは、バイナリ形式の10000000に相当します。(Linux) ユーザの読み取り、書き込み、および実行権限を承認するには、8進数の700を入力します。これは、バイナリ値の111000000に相当します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった