スタティックVIリファレンス 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのスタティックリファレンスを管理します。 「スタティックVIリファレンス」関数を構成すると、一般またはタイプ指定されたVIリファレンスを出力できます。 ブロックダイアグラムに「スタティックVIリファレンス」関数を配置してダブルクリックすると、ファイルダイアログボックスが表示され、VIを選択できます。

詳細  

VIリファレンスは構成されたVIに関連づけられたRefnumです。 VIが有効でない場合、VIリファレンスには非Refnumが含まれています。

スタティックVIリファレンスの詳細

「スタティックVIリファレンス」関数はサブVIとして動作し、トップレベルVIのVI階層に表示されます。 デフォルトでは、この出力は一般VIリファレンスです。

この関数の出力は、タイプ指定VIリファレンスに変更できます。 関数を右クリックし、ショートカットメニューからタイプ指定VIリファレンスを選択して出力を変更します。 この関数の左上隅にある赤い星のアイコンはリファレンスがタイプ指定されていることを示します。 タイプ指定VIリファレンスは呼び出し中のVIのコネクタペーンを識別します。 グローバル変数または制御器などの多態性VIまたは他のVI以外のファイルからではなく、VIまたはVIテンプレートからのみタイプ指定VIリファレンスを作成できます。

リファレンス呼び出しノードまたは非同期呼び出しを開始ノードで参照したVIを呼び出す場合は、タイプ指定VIのリファレンスを使用します。 タイプ指定VIリファレンスを作成すると、VIリファレンスVIを実行メソッドに配線できません。 VIを実行メソッドを使用して、別のVIで実行用に既に予約されたVIは実行できません。 また、タイプ指定スタティックVIリファレンスは、トップレベルVIが予約される際にサブVIも予約するため、VIを実行メソッドに使用できません。 詳細については、VIを実行メソッドを参照してください。

トップレベルVIをロードすると、リファレンスVIがメモリにロードされます。 「スタティックVIリファレンス」関数がタイプ指定スタティックVIリファレンスを出力する場合、トップレベルVIが実行している限り、LabVIEWはリファレンスVIを予約します。 トップレベルのVIがメモリに存在しなくなると、LabVIEWはこのリファレンスを閉じます。 この関数が返すリファレンスは明示的に閉じる必要はありません。

メモ  LabVIEWは参照されているVIがコンパイルできるかどうかはチェックしません。 参照されているVIが壊れている場合でも、LabVIEWはそのトップレベルVIを実行するまで、壊れていることを認識しません。 壊れているVIを参照している「VIリファレンスを開く」関数を実行すると、エラーが表示されます。

トップレベルVIを実行する前にまで、壊れている参照VIをチェックするようにしたい場合は、「スタティックVIリファレンス」関数を使用せずに、参照VIを直接トップレベルVIで使用します。これは、関数パレットでVIを選択アイコンまたはテキストをクリックして、ブロックダイアグラムに追加したいVIに移動します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった