文字列をパスに変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: パス/配列/文字列変換関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

現在のプラットフォーム用に標準形式でパスを示す文字列をパスに変換します。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

文字列には、文字列、または文字列だけを含んだ任意のデータストラクチャ(文字列の配列またはクラスタなど)が可能です。
パスは、文字列によって記述されるプラットフォームには依存しないパスの表記法です。 文字列が現在のプラットフォームで有効なパスディスクリプタでない場合、関数はパス<無効パス>に設定します。 パスは、文字列と同じデータタイプ構造です。
メモ  文字列<無効パス>の場合、関数は<無効パス>へのパスを返します。 パスを使用しようとすると、LabVIEWはファイルを検索し、エラーを返すことができません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった