ストラクチャ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ストラクチャを使用して、VIを作成します。

パレットオブジェクト説明
Forループサブダイアグラムをn回実行します。ここで、n はカウント (N) 端子に配線された値です。 反復 (i) 端子は、0~n-1の範囲の現在のループ反復カウントを提供します。
In Place入力/出力要素In Place要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューからIn Place入力/出力要素を追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。
In Place要素ストラクチャLabVIEWコンパイラが特定の操作を実行する方法を制御でき、一部のケースではメモリ効率とVI効率を向上させることができます。 LabVIEWコンパイラがデータをメモリ内にコピーして保持することを必須にせずに、配列、クラスタ、バリアント、または波形内のデータ要素に対して操作を行いたい場合は、「In Place要素ストラクチャ」を使用します。 また、このストラクチャを使用して、メモリの同じデータ空間内に保持されるすべてのデータタイプに対して操作を行うこともできます。 ストラクチャの境界を右クリックして、実行する処理に適した境界ノードを選択します。
Inline C NodeAdds C code or assembly code to the block diagram.
MathScriptノードMathScript RTモジュールエンジンを使用して、LabVIEW MathScriptsおよび他のテキストベーススクリプトを実行します。 MathScriptノードを使用して、LabVIEWのMathScriptウィンドウで作成したスクリプトを評価できます。

MathScriptノードに警告グリフが表示されていると、そのノードの実行パフォーマンスが遅くなります。 この場合は、スクリプトを変更してMathScriptノードの警告グリフを削除すれば、実行パフォーマンスが改善します。
Whileループ特定の条件が発生するまで、サブダイアグラムのコードを繰り返します。 Whileループは必ず最低1回は実行されます。
イベントストラクチャイベントが発生するまで待機して、そのイベントを処理する適切なケースを実行します。 イベントストラクチャには1つまたは複数のサブダイアグラム(またはイベントケース)があり、イベントの処理を実行するときに、そのいずれかが実行されます。 このストラクチャは、イベント通知を待つ間にタイムアウトできます。 イベントストラクチャの左上にあるタイムアウト端子に値を配線して、イベントストラクチャがイベントの発生を待機する時間(ミリ秒)を指定します。 デフォルトは-1で、「タイムアウトしない」です。
グローバル変数グローバル変数を使用して、複数のVI間でデータにアクセスとデータの送受信を行います。
ケースストラクチャ1つまたは複数のサブダイアグラム (ケース) が含まれ、ストラクチャの実行時に、そのうちの1つが実行されます。 実行されるケースは、ケースセレクタに配線された値によって決まります。
シェア変数シェア変数をブロックダイアグラムに表示します。 シェア変数ノードをアクティブプロジェクトからシェア変数にバインドするには、ブロックダイアグラム上にシェア変数ノードを追加し、そのシェア変数ノードをダブルクリックまたは右クリックして、ショートカットメニューから変数を選択→参照を選択し、参照ボタンをクリックして変数を参照ダイアログボックスを表示します。 プロジェクトエクスプローラウィンドウからシェア変数を、同じプロジェクト内のVIのブロックダイアグラムへドラッグして、シェア変数ノードを作成することもできます。
ダイアグラム無効ストラクチャ1つまたは複数のサブダイアグラムまたはケースがあり、有効のサブダイアグラムのみ実行されます。 ブロックダイアグラムの一部を無効にするには、ダイアグラム無効ストラクチャを使用します。
タイプ特化ストラクチャ1つまたは複数のサブダイアグラムがあり、そのサブダイアグラムの順序およびコンパイル結果に基づいて、LabVIEWがそのうち1つのみをコンパイルして実行します。 LabVIEWは、構文エラーのあるサブダイアグラムの順序を下げます。 LabVIEWは、構文エラーのない最初のサブダイアグラムを受け入れ、その他のサブダイアグラムを無視します。 すべてのサブダイアグラムに構文エラーがある場合、このストラクチャは最後のサブダイアグラムを受け入れます。

このストラクチャを使用すると、特定のデータタイプに対して順応性VI (.vim) のコードの一部をカスタマイズできます。 また、このストラクチャをアサートタイプVIおよび関数と併せて使用し、順応性VIが許容可能なデータタイプの一部のみを受け入れるようにもできます。
データ値リファレンス要素読み取り/書き込みデータ値リファレンスまたは外部データ値リファレンスを入力として受け入れ、InPlace要素ストラクチャ内でデータの処理を可能にし、元のメモリスペースにあるデータを置換します。

データ値リファレンスへの読み取り専用アクセスを有効にするには、ストラクチャの右側の境界ノードを右クリックし、並列読み取り専用アクセスを許可を選択します。 右側の境界ノードが未配線の場合、複数の読み取り専用操作が同時に実行することができ、データ値リファレンスは変更されません。
バリアントから要素/要素からバリアントに変換In Place要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューからバリアントから要素/要素からバリアントに変換を追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャにこの境界ノードを配置します。
バリアント属性取得/置換InPlace要素ストラクチャの境界を右クリックしてショートカットメニューからバリアント属性取得/置換オプションを選択し、InPlace要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。
フィードバックノードVI実行またはループ反復のデータを次の実行または反復に格納します。
フォーミュラノードブロックダイアグラムで数学的フォーミュラとCに似た演算を評価します。 以下の標準関数は、absacosacoshasinasinhatanatan2atanhceilcoscoshcotcscexpexpm1floorgetexpgetmanintintrzlnlnp1log, log2maxminmodpowrandremsecsignsinsincsinhsizeOfDimsqrttantanhのフォーミュラでの使用が許可されています。 数学VIとフォーミュラノードの構文は多少異なります。
フラットシーケンスストラクチャ順番に実行される1つ以上のサブダイアグラムまたはフレームで構成されます。 フラットシーケンスストラクチャは、1つのサブダイアグラムを必ず他のサブダイアグラムよりも先または後に実行する必要がある場合に使用します。

フラットシーケンスストラクチャのデータフローは、他のストラクチャのデータフローと異なります。 フレームに配線されているすべてのデータ値が有効な場合、フラットシーケンスストラクチャのフレームは左から右へ実行されます。 フレームの実行が終了するたびに、データは各フレームから移動します。 つまり、1つのフレームの入力は別のフレームの出力により異なります。
ローカル変数ローカル変数を使用して、VIのフロントパネルの制御器または表示器の1つを読み取るか書き込みます。
条件無効ストラクチャ1つまたは複数のサブダイアグラムがあり、そのサブダイアグラムの条件構成に応じて、そのうち1つだけが実行中にLabVIEWによって使用されます。 一部のユーザ定義条件に基づいてブロックダイアグラム上でコードの特定セクションを無効にする場合は、このストラクチャを使用します。 サブダイアグラムの追加および削除を行うには、ストラクチャの枠を右クリックします。 サブダイアグラムを追加したとき、またはストラクチャの枠を右クリックしてショートカットメニューからこのサブダイアグラムの条件を編集を選択したとき、条件を構成するための条件を構成ダイアログボックスが開きます。
波形をバンドル解除/バンドル要素In Place要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューから波形要素のバンドル解除/バンドルを追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。
配列指標/要素を置換In Place要素ストラクチャの境界を右クリックしてショートカットメニューから配列指標/要素置換を追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。
配列分割/部分配列置換指定した次元に配列を部分配列に分割し、ストラクチャ内の部分配列上で操作を行います。 InPlace要素ストラクチャの境界を右クリックしてショートカットメニューから配列分割/部分配列置換を追加オプションを選択し、InPlace要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。
要素をバンドル解除/バンドルIn Place要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューから要素のバンドル解除/バンドルを追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャにこの境界ノードを配置します。


サブパレット説明
Timed Loop VIsUse the Timed Loop VIs to create and manipulate timing sources for a Timed Loop.
タイミングストラクチャおよびVIタイミングストラクチャおよびVIを使用して、タイミングストラクチャがサブダイアグラム実行するレートおよび優先度を制御したり、タイミングストラクチャの開始時間と同期を取ったり、タイミングソースを作成したり、タイミングソースの階層を確立したりします。
装飾体装飾体パレットにある装飾を使用して、ボックス、線または矢印でブロックダイアグラムのオブジェクトをグループ化または分割します。 これらのオブジェクトは装飾体専用であり、データは変更されません。

関連情報

ループと他のストラクチャ



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった