TDMストリーミングVIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ファイルI/O VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

TDMストリーミングVIおよび関数を使用して、バイナリ計測ファイル(.tdms)に波形と波形プロパティの読み取りおよび書き込みを行います。

このパレットの一部の関数は、リアルタイムオペレーティングシステムでは動作しません。

このパレットにあるVIおよび関数は、TDMストリーミングエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
TDMS File Viewer.viCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

ファイルパス入力で指定した.tdmsファイルを開き、TDMSファイルビューアダイアログボックスにファイルデータを表示します。
TDMSの内容をリストCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイル入力で指定した.tdmsファイル内に含まれるグループ名とチャンネル名のリストを表示します。
TDMSプロパティを取得Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定した.tdmsファイル、チャンネルグループ、チャンネルのプロパティを返します。 グループ名入力とチャンネル名入力に値を配線した場合、関数はチャンネルレベルでプロパティを検索します。 グループ名入力だけに値を配線した場合、関数はチャンネルグループレベルでプロパティを検索します。 グループ名入力とチャネル名入力のどちらにも値が含まれていない場合、関数は、.tdmsファイルのトップレベルでプロパティを検索します。 チャネル名入力に値を配線した場合は、グループ名入力にも値を配線する必要があります。
TDMSプロパティを設定Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定した.tdmsファイル、チャンネルグループ、チャンネルのプロパティを設定します。 値を持つグループ名入力とチャンネル名入力を配線する場合、関数はチャンネルレベルでプロパティを書き込みます。 値を持つグループ名入力はチャンネルレベルでプロパティの配線のみを行います。 グループ名入力とチャンネル名の入力の両方に値がない場合、プロパティはファイル特有になります。 チャネル名入力に値を配線した場合は、グループ名入力にも値を配線する必要があります。

変更を適用するには、.tdmsへのリファレンスを閉じるか、データを.tdmsファイルに排出する必要があります。
TDMSを開くCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

読み取りおよび書き込みを行う.tdmsファイルを開きます。 また、新しいファイルの作成または既存ファイルとの置換に、この関数を使用できます。 「TDMSを閉じる」関数を使用して、ファイルへのリファレンスを閉じます。
TDMSを更新Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイルデータのすべてのバッファをtdmsファイル入力によって識別されたファイルに書き込みます。

通常、.tdmsファイルに書き込まれたデータはバッファが一杯になるか、ファイルを閉じるまでバッファに残ります。 この関数は、バッファデータのすべてを.tdmsファイルに書き込むように強制的にオペレーティングシステムを設定します。
TDMSを最適化Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

ファイルパス入力で指定された.tdmsファイルデータを最適化します。 この関数は、乱雑な.tdmsデータをクリーンアップして、パフォーマンスを向上させます。
TDMSを閉じるCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

TDMSを開く」関数で開いた.tdmsファイルを閉じます。
TDMS書き込みCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定された.tdmsファイルにデータをストリーミングします。 書き込みを行うデータのサブセットは、グループ名入力チャンネル名入力の各入力で認識する値により決まります。
TDMS読み取りCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定した.tdmsファイルを読み取り、データタイプ入力で指定した形式でデータを返します。 データスケール情報が含まれる場合、このVIはデータを自動的にスケールします。 カウントオフセットの各入力で、指定されたデータのサブセットを読み取ります。


サブパレット説明
上級TDMS VIおよび関数Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMS VIおよび関数を使用して、.tdmsファイルでの高度なファイルI/O操作(非同期の読み取りおよび書き込みなど)を実行します。 これらのVIと関数を使用して、既存の.tdmsファイルからのデータの読み取り、新規.tdmsファイルへのデータの書き込み、既存の.tdmsファイルのデータサブセットの置換などを行えます。 また、これらのVIと関数を使用して.tdmsファイルのファイル形式バージョンを変換したり、未スケールデータのスケール情報を作成したりすることもできます。

リアルタイムオペレーティングシステムでサポートされていない関数

このパレットの以下の関数は、Phar Lap ETS、VxWorks、NI Linux Real-Timeなどのリアルタイムオペレーティングシステムで使用できません。

  • 上級TDMS非同期読み取り
  • 上級TDMS非同期読み取り(データリファレンス)
  • 上級TDMS非同期書き込み
  • 上級TDMS非同期書き込み(データリファレンス)
  • TDMS非同期読み取りを構成
  • TDMS非同期読み取りを構成(データリファレンス)
  • TDMS非同期書き込みを構成
  • TDMS非同期書き込みを構成(データリファレンス)
  • TDMSファイルビューア
  • TDMSランダムデータを生成
  • TDMS非同期読み取りステータスを取得
  • TDMS非同期読み取りステータスを取得(データリファレンス)
  • TDMS非同期書き込みステータスを取得
  • TDMS非同期書き込みステータスを取得(データリファレンス)
  • TDMSファイルサイズを予約
  • TDMS非同期読み取りを開始
  • TDMS非同期読み取りを停止


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった