上級TDMS VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMS VIおよび関数を使用して、.tdmsファイルでの高度なファイルI/O操作(非同期の読み取りおよび書き込みなど)を実行します。 これらのVIと関数を使用して、既存の.tdmsファイルからのデータの読み取り、新規.tdmsファイルへのデータの書き込み、既存の.tdmsファイルのデータサブセットの置換などを行えます。 また、これらのVIと関数を使用して.tdmsファイルのファイル形式バージョンを変換したり、未スケールデータのスケール情報を作成したりすることもできます。

メモ  上級TDMS VIおよび関数の機能が必要ない場合は、標準TDMS VIおよび関数を使用します。 上級TDMS VIおよび関数を誤った方法で使用すると、.tdmsファイルが破損する可能性があります。 上級TDMS VIおよび関数の使用時にバッファを無効にする場合は、読み書きするデータのサイズはハードディスクのセクタサイズの倍数でなければなりません。

このパレットにあるVIおよび関数は、TDMストリーミングエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
TDMSスケール情報を作成Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイルの未スケールデータのスケール情報を作成します。 このVIは、スケール情報を.tdmsファイルに書き込みます。 使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。

上級TDMS関数を使用してこのVIを呼び出すには、このVIを呼び出した後で「TDMSチャンネル情報を設定」関数を呼び出します。
TDMSチャンネル情報を設定Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定された.tdmsファイルに書き込む未処理データのチャンネル情報を定義します。 チャンネル情報には、データレイアウト、グループ名、チャンネル名、データタイプ、およびサンプル数が含まれます。
TDMSデータを削除Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

チャンネルまたは、グループ内の複数のチャンネルからデータを削除します。
TDMSファイルサイズを予約Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

書き込み用のディスクの空き容量をあらかじめ割り当て、ファイルシステムレベルの断片化を防ぎます。 この関数をWindowsのユーザアカウント管理を有効にして実行する場合は、ランタイムエラーを回避するために、LabVIEWまたはアプリケーションを管理者として実行する必要があります。
TDMS形式変換Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイルのファイル形式バージョンを1.0から2.0に、またはその逆に変換します。 このVIは、.tdmsファイルをターゲットバージョン入力で指定した新規ファイル形式に置換します。 このVIは、.tdmsファイルのバイト順序もnative, host orderに変更します。
TDMS次の書き込み位置を設定Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMS非同期書き込み」または「上級TDMS同期書き込み」関数が.tdmsファイルで既存データの上書きを開始するオフセットを構成します。
TDMS次の読み取り位置を設定Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMS非同期読み取り」関数が.tdmsファイルからデータの読み取りを開始するオフセットを構成します。
上級TDMSを開くCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

ホストコンピュータのバイト順序で読み取りまたは書き込みを行うために.tdmsファイルを開きます。 また、新しいファイルの作成または既存ファイルとの置換に、この関数を使用できます。 「TDMSを開く」関数と異なり、「上級TDMSを開く」関数は.tdms_indexファイルを作成しません。 この関数を使用して対応する.tdms_indexファイルを持つ既存の.tdmsファイルを開く場合、この関数は.tdms_indexファイルを削除します。
上級TDMSを閉じるCopyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMSを開く」関数で開かれた.tdmsファイルを閉じ、「TDMSファイルサイズを予約」関数で予約された余分なディスクスペースを解放します。


サブパレット説明
メモリ内TDMS関数Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

メモリ内TDMS関数を使用して、メモリ内の.tdmsファイルを開く、閉じる、読み取る、および書き込む操作を行います。
上級TDMSデータリファレンスI/O関数Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMSデータリファレンスI/O関数を使用して、LabVIEWの外部コンポーネント(データストリーミングデバイスを制御するデバイスドライバのダイレクトメモリアクセス(DMA)バッファなど)のデータと通信します。 これらの関数を使用して、デバイスドライバのDMAバッファのデータをLabVIEW配列にコピーすることなく.tdmsファイルに非同期で書き込みできます。 また、.tdmsファイルからデータを非同期で読み取り、DMAバッファに直接データを追加することもできます。
上級TDMS同期I/O関数Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMS同期I/O関数を使用して、.tdmsファイルのデータの同期読み取りまたは同期書き込みを行います。
上級TDMS非同期I/O関数Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

上級TDMS非同期I/O関数を使用して、.tdmsファイルのデータを非同期で読み書きします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった