TDMS形式変換 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級TDMS VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイルのファイル形式バージョンを1.0から2.0に、またはその逆に変換します。 このVIは、.tdmsファイルをターゲットバージョン入力で指定した新規ファイル形式に置換します。 このVIは、.tdmsファイルのバイト順序もnative, host orderに変更します。

詳細  

ファイルパスは、変換する.tdmsファイルへのパスを指定します。
ターゲットバージョンは、.tdmsファイルの変換先のファイル形式バージョンを指定します。

01.0
12.0
新規プロパティ名は、.tdmsファイルのグループまたはチャンネルのnameプロパティの新しい名前を指定します。 たとえば、グループにTDMSDataGroupという値のnameプロパティがある場合、この入力にgroup nameという値を配線してVIを実行すると、グループの元のnameプロパティがTDMSDataGroupという値を持つgroup nameプロパティに変更されます。 このVIは、グループの新しいnameプロパティを作成し、この.tdmsファイル作成時に指定されたグループ名をプロパティ値として使用します。 この入力は、ターゲットバージョン2.0の場合にのみ有効です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ファイルパス出力は、操作を実行した.tdmsファイルのパスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

TDMS形式変換の詳細

.tdmsファイルをファイル形式バージョン1.0から2.0に変換すると、VIで以下の変更が.tdmsファイルのプロパティに追加されます。

  • .tdmsファイルにnameプロパティがない場合、VIはこのファイルにnameプロパティを追加し、nameプロパティの値をファイル名として使用します。
  • .tdmsファイルのグループまたはチャンネルにnameプロパティがある場合は、バージョン2.0のファイルのプロパティ値が維持されます。 ただし、これらのグループおよびチャンネルのオブジェクトパスは変更されます。 たとえば、「TDMS書き込み」関数を使用してグループ名入力入力を配線せずにバージョン1.0のファイルに.tdmsデータを書き込むと、グループ名は名称未設定に自動的に設定されます。 その後、「TDMSプロパティを設定」関数でこのグループのnameプロパティを作成し、名称未設定と異なる値を設定する場合も、名称未設定からこのグループにアクセスする必要があります。 新規のnameプロパティ値からこのグループにアクセスすることはできません。 ただし、「TDMS形式変換」VIを使用してこの.tdmsファイルをバージョン2.0に変換すると、名称未設定からこのグループにアクセスできなくなります。 以前に指定したnameプロパティ値からこのグループにアクセスする必要があります。
    ヒント  バージョン1.0に指定した元の名前からグループまたはチャンネルにアクセスするには、値を新規プロパティ名入力に配線し、nameプロパティを新規プロパティ名に変更します。
  • グループまたはチャンネルのnameプロパティの値が重複していると、このvは数値接尾辞を重複する値に追加します。 たとえば、.tdmsファイルにTDMSDataChannelという同じ名前の3つのチャンネルのグループがある場合、2番目と3番目のグループのnameプロパティの値をTDMSDataChannel 1およびTDMSDataChannel 2にそれぞれ変更します。 最初のチャンネルのプロパティ値は変更されず、TDMSDataChannelのままになります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった