TDMSスケール情報を作成 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級TDMS VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイルの未スケールデータのスケール情報を作成します。 このVIは、スケール情報を.tdmsファイルに書き込みます。 使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。

上級TDMS関数を使用してこのVIを呼び出すには、このVIを呼び出した後で「TDMSチャンネル情報を設定」関数を呼び出します。

TDMSファイルビューア」VIを使用して、.tdmsファイルからスケール情報を取得します。

メモ  このVIは、文字列または複素浮動小数点数をスケールしません。

サンプル

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

TDMSスケール情報を作成 (線形)

線形スケールは、線形スケールの情報を指定します。 線形スケールは、方程式 y = mx + b を使用します。ここで、x はプリスケール値、yはスケール後です。
勾配は、スケール用の方程式の勾配または m を指定します。 デフォルトは0です。
y切片は、スケール用の方程式の y 切片または b を指定します。 デフォルトは0です。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(多角形)

多項式スケールは、多項式スケールの情報を指定します。 多項式スケールは、n 次の多項式を使用します。
係数は、プリスケール値からスケール後の値に変換するスケールの係数を指定します。 配列の各要素は公式の項に対応しています。 たとえば、配列の指標3が9の場合、4つ目の項は 9x3になります。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(熱電対)

熱電対スケールは、.tdmsデータをマイクロボルトから摂氏温度にスケールする熱電対スケール情報を指定します。 マイクロボルト単位でないデータは、追加スケール処理によりまずマイクロボルトに変換されます。 たとえば、「TDMSスケール情報を作成(線形)」VIインスタンスで、データを変換できます。
熱電対タイプは、チャンネルに接続された熱電対のタイプを指定します。 熱電対タイプは、構成と測定範囲により異なります。

10047B―B型熱電対を指定します。
10055E―E型熱電対を指定します。
10072J(デフォルト)―J型熱電対を指定します。
10073K―K型熱電対を指定します。
10077N―N型熱電対を指定します。
10082R―R型熱電対を指定します。
10085S―S型熱電対を指定します。
10086T―T型熱電対を指定します。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(RTD)

RTDスケールは、.tdmsデータ(摂氏)をスケールする測温抵抗体(RTD)スケール情報を指定します。
電流励起はセンサが必要な励起数をアンペアで指定します。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
r0公称抵抗値は、摂氏0度でのセンサの抵抗値(Ω)を指定します。 Callendar-Van Dusen近似式でこの値が必要です。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
aは、Callendar-Van Dusen公式のa係数を指定します。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
bは、Callendar-Van Dusen公式のb係数を指定します。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
cは、Callendar-Van Dusen公式のc係数を指定します。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
リード線抵抗値は、リード線の抵抗量(Ω)を指定します。 理想的には、この値はすべてのリードで同じ必要があります。
抵抗構成は、抵抗の測定に使用するワイヤ数を指定します。

22線式(デフォルト)―2線式モードを指定します。
33線式―3線式モードを指定します。
44線式―4線式モードを指定します。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(表)

表スケールは、表スケールの情報を指定します。 表スケールは、プリスケールの値の配列を対応するスケール後の値の配列に割り当てます。
スケール後の値は、プリスケール値の値にマップされるスケール後の値を指定します。
プリスケール値は、スケール後の値の値にマップされるプリスケール値を指定します。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(歪み)

歪みスケールは、.tdmsデータ(歪み)をスケールする歪みスケール情報を指定します。 歪みとは、作用する力による物体の変形量のことです。 歪みは特に、長さの変化の割合のことを指します。
構成は、歪みゲージのブリッジ構成を指定します。

10183フルブリッジI(デフォルト)
10184フルブリッジII
10185フルブリッジIII
10188ハーフブリッジI
10189ハーフブリッジII
10271クォータブリッジI
10272クォータブリッジII
ポアソン比は、測定中の物体の軸歪みに対する横歪みの割合を指定します。
ゲージ抵抗は、歪みが適用されていない状態のゲージの抵抗値(Ω)を指定します。 ブリッジの各ゲージは、同じゲージ公称抵抗値を持っている必要があります。 また、歪みケージを持たないブリッジの辺の抵抗値は、ゲージ公称抵抗値と同じ必要があります。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
リード線抵抗値は、リード線の抵抗量(Ω)を指定します。 理想的には、この値はすべてのリードで同じ必要があります。
初期ブリッジ電圧は、負荷が取り付けられていない状態のブリッジ出力電圧をボルトで指定します。 このVIは、スケールの公式が適用される前にこの値を測定値から差し引きます。 歪みが適用されていないブリッジで電圧測定を行い、この値を決定します。
ゲージ率は、歪みゲージの感度を指定し、電気抵抗変化を歪みの変化と関連付けます。 ブリッジの各ゲージは、同じゲージ率である必要があります。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
電圧励起は、センサが必要な励起数(V)を指定します。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(サーミスタ)

サーミスタスケールは、.tdmsデータ(ケルビン)をスケールするサーミスタスケール情報を指定します。
抵抗構成は、抵抗の測定に使用するワイヤ数を指定します。

22線式(デフォルト)―2線式モードを指定します。
33線式―3線式モードを指定します。
44線式―4線式モードを指定します。
励起タイプは、スケールの励起タイプを指定します。

10122電圧(デフォルト)―電圧励起。
10334電流―電流励起。
励起値は、センサが必要な励起数を指定します。 励起タイプ電流の場合、励起値の単位はアンペアです。 励起タイプ電圧の場合、励起値の単位はボルトです。 センサのドキュメントを参照してこの値を決定してください。
r1基準抵抗は、基準抵抗値の値をオーム(Ω)で指定します。
リード線抵抗値は、リード線の抵抗量(Ω)を指定します。 理想的には、この値はすべてのリードで同じ必要があります。
aは、スタインハート-ハートサーミスタ公式のa定数を指定します。 センサのドキュメントを参照して、これらの定数の値を決定してください。
bは、スタインハート-ハートサーミスタ公式のb定数を指定します。 センサのドキュメントを参照して、これらの定数の値を決定してください。
cは、スタインハート-ハートサーミスタ公式のc定数を指定します。 センサのドキュメントを参照して、これらの定数の値を決定してください。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

TDMSスケール情報を作成(逆数)

逆数スケールは、逆数スケールの情報を指定します。 逆数スケールは、入力値を1の数字で割ります。 入力値がゼロの場合、VIはゼロを逆数として使用します。
入力ソースは、子スケールのIDを指定します。 現在のスケールに子スケールがある場合、子スケールのスケールIDをこの入力に配線します。 デフォルトは-1で、子スケールが含まれない現在のスケールを指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。 グループ名およびチャンネル名は、この入力よりも優先度が高くなります。 グループ名またはチャンネル名のいずれかに値を指定すると、このVIはグループまたはチャンネルにそれぞれのスケール情報を適用します。 これらに値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
グループ名は、.tdmsデータのグループ名を指定します。 この入力は、tdmsファイルよりも優先度が高く、チャンネル名より優先度が低くなります。
チャンネル名は、.tdmsデータのチャンネル名を指定します。 この入力は、グループ名およびtdmsファイルよりも優先度が高くなります。 チャンネル名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報をグループに適用します。 グループ名の値を指定しない場合、このVIはスケール情報を.tdmsデータに適用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
スケールIDは、結果のスケールのIDを返します。

サンプル

TDMSスケール情報を作成VIの使用サンプルは、labview\examples\File IO\TDMSディレクトリにあるScale TDMS Data VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった