TDMSデータを削除 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級TDMS VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

チャンネルまたは、グループ内の複数のチャンネルからデータを削除します。

メモ  この関数は、デジタルデータまたはDAQmx未処理データをサポートしていません。

詳細  サンプル

カウントは、各チャンネルに対して.tdmsファイルから削除するデータサンプルの数を指定します。 デフォルトは-1で、この関数は基点で指定された位置からのデータサンプルをすべて削除します。 カウントの値がチャンネルの範囲外の場合、この関数は、カウントをそのチャンネルのデータサンプル数に自動的に設定します。
基点は、各チャンネルに対して.tdmsファイルのどの位置からデータサンプルを削除するかをしています。

0start(デフォルト)―各チャンネルの先頭からデータサンプルを削除するよう指定します。
1end―各チャンネルの末尾からデータサンプルを削除するよう指定します。
ファイルパスは、開きたいファイルの絶対パスです。
グループ名入力は操作を実行するチャンネルグループを指定します。
チャンネル名入力は操作を実行するチャンネルを指定します。 この入力にデータが配線されていない場合、LabVIEWは同じグループの下にあるすべてのチャンネルに対して操作を実行します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
空のグループ/チャンネルを保持?は、この関数がデータサンプルを削除した後に.tdmsファイル上のグループまたはチャンネルが空になった場合、それらのグループまたはチャンネルを保持するかどうかを指定します。 デフォルトはTRUEで、この関数は空のグループまたはチャンネルを保持します。
ファイルパス出力は、操作を実行した.tdmsファイルのパスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

TDMSデータを削除の詳細

配線したデータに波形データが含まれている場合は、以下のチャネルプロパティおよび波形属性が設定されます。

  • 波形属性NI ExpXDimensionが時間を表している場合、またはこの属性が存在しない場合、次の値が設定されます。
    • wf_start_offset = wf_start_offset + count * wf_increment
    • 波形属性NI_ExpTimeStampが存在する場合は、NI_ExpTimeStamp = NI_ExpTimeStamp + count * 1/wf_incrementと設定されます。
  • 波形属性NI ExpXDimensionが、周波数を表す場合、次の値が設定されます。
    • wf_start_offset = wf_start_offset + count * wf_increment
    • 波形属性NI_ExpTimeStampが存在する場合は、NI_ExpTimeStamp = NI_ExpTimeStamp + count * 1/wf_incrementと設定されます。
  • この関数によりデータが削除された後、.tdmsファイル内のデータサンプル数がwf_samplesよりも少なくなった場合、wf_samplesの値は tdmsファイル内のデータサンプル数と同じ値に設定されます。

サンプル

TDMSデータを削除関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\TDMSディレクトリにあるTDMS Delete Data from Channels VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった