TDMSを閉じる 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

TDMSを開く」関数で開いた.tdmsファイルを閉じます。

詳細  サンプル

TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 以下の例外を除き、この入力は標準エラー入力として機能します。

このノードは実行前にエラーが発生していても通常どおり実行されます。
ファイルパス出力は、操作を実行した.tdmsファイルのパスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

TDMSを閉じるの詳細

(VxWorks) TDMSを開くときに、LabVIEWは共有TDMSコンポーネントをメモリにロードします。 すべてのTDMSファイルを閉じると、LabVIEWはこのコンポーネントをアンロードします。 VxWorksオペレーティングシステムでは、メモリからTDMSコンポーネントをアンロードすると、VxWorksの既知の問題により、約1.8キロバイトのメモリがリークします。 アプリケーションでメモリリークを防止するには、以下のガイドラインに従ってください。

  • VxWorksでは、むやみにTDMSファイルを開いたり、閉じたりしない。
  • アプリケーション開始時に追加のTDMSファイルを開き、アプリケーションですべてのTDMS読み取りと書き込みが終了するまで開いたままにします。 こうすることで、他のTDMSファイルを頻繁に開いたり閉じたりするあいだも、TDMSコンポーネントは維持されます。
  • RTターゲットでTDMSコンポーネントをスタートアップコンポーネントに設定します。 このためには、ターゲットのルートディレクトリ (c:\ni-rt.ini) にあるni-rt.iniStartupDLLsセクションにtdms.outを追加してから、ターゲットを再起動します。 こうすることで、TDMSを閉じたときにTDMSコンポーネントがメモリからアンロードされなくなります。

RTターゲットのni-rt.iniなどのファイルにアクセスする方法については、ni.comの技術サポートデータベースを参照してください。

サンプル

TDMSを閉じる関数の使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • TDMS Read Events Data VI: labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and Write
  • Concurrent Access to TDMS File VI: labview\examples\File IO\TDMS


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった