TDMSを開く 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

読み取りおよび書き込みを行う.tdmsファイルを開きます。 また、新しいファイルの作成または既存ファイルとの置換に、この関数を使用できます。 「TDMSを閉じる」関数を使用して、ファイルへのリファレンスを閉じます。

サンプル

指標ファイルを作成?は、対応する.tdmsのために.tdms_indexファイルを自動的に生成するかどうかを指定します。 この指標ファイルにより、LabVIEWの.tdmsファイルへのアクセス速度が向上します。 ディスクの容量が限られている場合は、LabVIEWが.tdms_indexファイルを生成しないように、この入力にFALSE値を配線します。 デフォルトはTRUEです。

既に.tdms_indexファイルが存在する.tdmsファイルを開いた場合は、この入力は無視されます。 この入力にFALSE値を配線しても、このファイルは削除されません。 このファイルを最新の状態に保つために、LabVIEWはTDMSアプリケーションの間にこのファイルを更新する場合があります。 このファイルを削除するには、ディスクから手動で削除するか、削除関数を使用してプログラム的に削除できます。
メモ  同じ.tdmsファイルを開くために、指標ファイルを作成?入力の値が異なる複数の「TDMSを開く」関数を使用する場合、LabVIEWは、最初の「TDMSを開く」関数の指標ファイルを作成?入力をもとに.tdms_indexファイルを生成するかどうかを決めます。 それ以降のすべての「TDMSを開く」関数の指標ファイルを作成?入力は無視されます。
.tdms_indexファイルはTDMSアプリケーションでオプションです。 TDMSアプリケーションまたは.tdmsファイルを別のコンピュータに配布する際に、対応する.tdms_indexファイルを含める必要はありません。 必要な場合、この関数を使用してTDMSアプリケーション用に新しく.tdms_indexファイルを作成できます。
ファイル形式バージョンは、.tdmsファイルのファイル形式バージョンを指定します。 .tdmsファイル形式の詳細については、ni.com/zoneの以下のサポートドキュメントを参照してください。

01.0
12.0(デフォルト)
ファイルパスは、開きたいファイルの絶対パスを指定します。 この関数で新しいファイルを作成する場合、ファイルパスで指定するファイル名のファイル拡張子は.tdmsでなければなりません。 この拡張子でない場合は、指定したファイル名に自動的に.tdmsが付けられます。 この関数を使用して既存のファイルを開くか更新する場合は、ファイル拡張子が.tdmsである必要はありません。
操作は実行する操作を指定します。

0open(デフォルト)―書き込みを行う.tdmsファイルを開きます。
1open or create―新規の.tdmsファイルを作成するか、構成する既存の.tdmsファイルを開きます。
2create or replace―新規の.tdmsファイルを作成するか、既存の.tdmsファイルを置換します。
3create―新規の.tdmsファイルを作成します。
4open (read-only)―読み取り専用バージョンの.tdmsファイルを開きます。
バイト順序は、.tdmsファイルのデータのバイト順序またはエンディアン形式を指定します。 バイト順序は、数値が最上位のバイトから最下位のバイトへの順序、またはその逆の順序のどちらでメモリ上に配置されるかを示します。

バイト順序入力は、この関数を使用して.tdmsファイルを作成する場合にのみ有効です。 この関数を使用して既存の.tdmsファイルを読み取る場合、データはファイルのバイト順序で読み取られ、ホストコンピュータのネイティブのバイト順序で表されます。 この関数を使用して既存の.tdmsファイルを更新する場合、データはファイルのバイト順所で書き込まれます。

0big-endian, network order―最上位のバイトが最下位のメモリアドレスを占有することを指定します。
1native, host order―この機能がホストコンピュータのバイト順序を使用することを指定します。
2little-endian(デフォルト)―最下位のバイトが最下位のメモリアドレスを占有することを指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
バッファを無効?(Windows)LabVIEWがシステムバッファを使用せずに.tdmsファイルを開く、作成する、置換するかどうかを指定します。 デフォルトはTRUEで、関数がシステムバッファを無効にして、TDMSディスクキャッシュによるバッファリングを有効にすることを意味します。 システムバッファを無効すると、特定の状態でのデータ転送の速度が向上します。 転送するデータ量が小さい場合、システムバッファを無効にしても違いが見られないことがあります。 RAID(Redundant Array of Independent Disks)でデータファイルを読み書きするには、データ転送速度を高めるためにシステムバッファを使用しないでファイルを開くことをお勧めします。 コンピュータの同じデータセットを繰り返し読み取る場合は、システムバッファを有効にすることをお勧めします。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

TDMSを開く関数の使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • TDMS Read Events Data VI: labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and Write
  • Concurrent Access to TDMS File VI: labview\examples\File IO\TDMS


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった