TDMS読み取り 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定した.tdmsファイルを読み取り、データタイプ入力で指定した形式でデータを返します。 データスケール情報が含まれる場合、このVIはデータを自動的にスケールします。 カウントオフセットの各入力で、指定されたデータのサブセットを読み取ります。

サンプル

カウントは、各チャンネルの.tdmsファイルから読み取るデータ要素の最大数を指定します。 デフォルトは–1(使用できるすべての要素)です。
オフセットは、関数で.tdmsファイルの解析を開始する際に.tdmsファイルへのデータの要素数を指定します。 デフォルトは0です。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。
グループ名入力は操作を実行するチャンネルグループを指定します。 この入力を配線しない場合、以下の動作が発生します。
  • LabVIEWは、ファイルの現在のグループからデータを読み取ります。 現在のグループとは、この関数を最初に実行したときはファイル内の最初のグループで、複数サイクルを連続して実行した場合はn番目のサイクルのn番目のグループです。
  • 「TDMS読み取り」関数がグループを読み取る順序は、「TDMSの内容をリスト」関数がグループを返す順序と同じです。
  • LabVIEWが最後のグループに到達した後、「TDMS読み取り」関数が実行を試みると、LabVIEWはファイル末尾エラーを返します。
メモ  「TDMSの内容をリスト」関数と「TDMSプロパティを取得」関数は、現在のグループをファイル内の最初のグループにリセットします。 グループ名入力に配線しない場合、グループをファイル内の最初のグループにリセットすると、次の「TDMS読み取り」関数が読み取るグループに影響が出ます。
チャンネル名入力は操作を実行するチャンネルを示します。 データをこの入力を配線しない場合、同じグループのすべてのチャンネルのデータが読み取られます。 波形データをデータタイプ入力に配線すると、波形名が使用されます。 チャンネル名入力入力は、文字列または文字列の1D配列のデータタイプを受け入れます。 データタイプは、データタイプ入力に配線するデータにより異なります。

文字列 文字列の1D配列
アナログ波形

以下を要素とする1D配列:
  • 符号付きまたは符号なし整数
  • 浮動小数点数
  • タイムスタンプ
  • ブール
  • NULL文字を含まない英数字文字列
デジタル波形

デジタルテーブル

アナログ波形の1D配列

以下を要素とする2D配列:
  • 符号付きまたは符号なし整数
  • 浮動小数点数
  • タイムスタンプ
  • ブール
  • NULL文字を含まない英数字文字列


圧縮デジタルデータを含むファイルまたはグループ全体をロードすると、チャンネル名入力配列に圧縮チャンネル名が自動的に追加されます。 圧縮デジタルデータを含むファイルまたはグループのサブセットをロードする場合は、チャンネル名入力配列の最初のエントリとして圧縮チャンネル名を手動で追加する必要があります。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
データタイプは、取得するデータのデータタイプです。 この入力は以下のデータタイプを受け入れます。
  • アナログ波形またはアナログ波形の1D配列
  • デジタル波形
  • デジタルテーブル
  • ダイナミックデータ
  • 以下の要素とする1Dまたは2D配列:
    • 符号付きまたは符号なし整数
    • 以下のデータタイプを含む浮動小数点数:
      • 単精度および倍精度の浮動小数点数
      • 単精度および倍精度の複素浮動小数点数
      • (Windows) 拡張精度浮動小数点数
    • タイムスタンプ
    • ブール
    • NULL文字を含まない英数字文字列
ファイル順にチャンネルを返す?は、この関数から.tdmsファイルと同じ順番でデータチャンネルを返すかどうかを指定します。 値がTRUEであるか、チャネル名入力を指定しない場合、この関数はデータチャンネルを.tdmsファイルに存在している順序で返します。 値がFALSEの場合は、チャンネル名入力で指定された順番でデータチャンネルが返されます。 デフォルトはFALSEです。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
データには、指定したデータタイプでファイルから読み取られたデータが含まれます。 これは、データタイプで指定するデータタイプ、およびカウントの設定方法に応じたデータタイプを構成します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
ファイルの終わり?は、ファイルの終わりに到達したかを示します。

サンプル

TDMS読み取り関数の使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • TDMS Read Events Data VI: labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and Write
  • Concurrent Access to TDMS File VI: labview\examples\File IO\TDMS


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった