TDMS書き込み 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定された.tdmsファイルにデータをストリーミングします。 書き込みを行うデータのサブセットは、グループ名入力チャンネル名入力の各入力で認識する値により決まります。

サンプル

データレイアウトは、.tdmsファイルにストリームしたいデータの配列方法を指定します。 同じグループの各チャンネルには同じデータレイアウトを使用する必要があります。

0decimated(デフォルト)―入力データでサンプルよりチャンネルが優先されることを指定します。 この方法では、最初のチャンネルからすべてのサンプルをリストし、次に2番目のチャンネルのすべてのサンプル、というように最後のチャンネルまで実行します。 以下の表は、decimatedデータレイアウトの一般的な例を示しています。

チャンネル0―サンプル1
チャンネル0―サンプル2
...
チャンネル0―サンプルN
チャンネル1―サンプル1
チャンネル1―サンプル2
...
チャンネル1―サンプルN
チャンネル2―サンプル1
チャンネル2―サンプル2
...
チャンネル2―サンプルN
1interleaved―入力データでチャンネルよりサンプルが優先されることを指定します。 この方法では、すべてのチャンネルから最初のサンプルをリストし、次にすべてのチャンネルから2番目のサンプル、というように全チャンネルで最後のサンプルまで実行します。 以下の表は、interleavedデータレイアウトの一般的な例を示しています。

チャンネル0―サンプル1
チャンネル1―サンプル1
チャンネル2―サンプル1
チャンネル0―サンプル2
チャンネル1―サンプル2
チャンネル2―サンプル2
...
チャンネル0―サンプルN
チャンネル1―サンプルN
チャンネル2―サンプルN
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。
グループ名入力は操作を実行するチャンネルグループを指定します。 デフォルトは名称未設定です。
チャンネル名入力は操作を実行するチャンネルを示します。 この入力にデータを何も配線しないと、チャンネル名が自動的に指定されます。 波形データをデータ入力に配線すると、波形名が使用されます。 チャンネル名入力入力は、文字列または文字列の1D配列のデータタイプを受け入れます。 データタイプは、データ入力に配線するデータにより異なります。

文字列 文字列または文字列の1D配列 文字列の1D配列
アナログ波形

NULL文字を含まない英数字文字列の1D配列
以下を要素とする1D配列:
  • 符号付きまたは符号なし整数
  • 浮動小数点数
  • タイムスタンプ
  • ブール
メモ  データレイアウトdecimatedの場合に、文字列の1D配列をチャンネル名入力に配線すると、このVIは1D配列の最初の要素をチャンネル名として使用します。

データレイアウトinterleavedの場合に、文字列をチャンネル名入力に配線すると、このVIはこの文字列を1D配列の最初の要素のチャンネル名として使用し、名称未設定名称未設定1名称未設定2...を残りの要素のチャンネル名として使用します。
デジタル波形

デジタルテーブル

アナログ波形の1D配列

以下を要素とする2D配列:
  • 符号付きまたは符号なし整数
  • 浮動小数点数
  • タイムスタンプ
  • ブール
  • NULL文字を含まない英数字文字列


データ入力に圧縮デジタルデータが含まれている場合は、チャンネル名入力配列の最初のエントリとして圧縮チャンネル名を追加する必要があります。
データは、.tdmsファイルへ書き込むデータです。 この入力は以下のデータタイプを受け入れます。
  • アナログ波形またはアナログ波形の1D配列
  • デジタル波形
    注意  アナログまたはデジタル波形を新しいチャンネルに書き込む際、波形のタイムスタンプ情報も書き込まれます。 しかし、アナログまたはデジタル波形を既存のチャンネルに追加する際は、新しい波形のタイムスタンプ情報が破棄される場合があります。
  • デジタルテーブル
  • ダイナミックデータ
  • 以下の要素とする1Dまたは2D配列:
    • 符号付きまたは符号なし整数
    • 以下のデータタイプを含む浮動小数点数:
      • 単精度および倍精度の浮動小数点数
      • 単精度および倍精度の複素浮動小数点数
      • (Windows) 拡張精度浮動小数点数
    • タイムスタンプ
    • ブール
    • NULL文字を含まない英数字文字列
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

TDMS書き込み関数の使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • TDMS Write Events Data VI: labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and Write
  • TDMS Write Time Domain Data VI: labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and Write
  • TDMS Write Triggered Data VI: labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and Write
  • Concurrent Access to TDMS File VI: labview\examples\File IO\TDMS


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった