TDMSを更新 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

.tdmsファイルデータのすべてのバッファをtdmsファイル入力によって識別されたファイルに書き込みます。

通常、.tdmsファイルに書き込まれたデータはバッファが一杯になるか、ファイルを閉じるまでバッファに残ります。 この関数は、バッファデータのすべてを.tdmsファイルに書き込むように強制的にオペレーティングシステムを設定します。

メモ  あまり頻繁にデータを排出すると、アプリケーションの書き込み速度が低下する場合があります。

サンプル

TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

TDMSを更新関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\TDMSディレクトリにあるFlush Written TDMS Data VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった