TDMSプロパティを取得 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定した.tdmsファイル、チャンネルグループ、チャンネルのプロパティを返します。 グループ名入力とチャンネル名入力に値を配線した場合、関数はチャンネルレベルでプロパティを検索します。 グループ名入力だけに値を配線した場合、関数はチャンネルグループレベルでプロパティを検索します。 グループ名入力とチャネル名入力のどちらにも値が含まれていない場合、関数は、.tdmsファイルのトップレベルでプロパティを検索します。 チャネル名入力に値を配線した場合は、グループ名入力にも値を配線する必要があります。

サンプル

データタイプは、プロパティ値またはプロパティ値出力のデータタイプを制御します。 この入力は以下のデータタイプを受け付けます。
データタイプ デフォルト値
符号付きまたは符号なし整数 0
単精度または倍精度浮動小数点数 0
単精度または倍精度複素浮動小数点数 0+0i
(Windows) 拡張精度浮動小数点数 0
NULL文字を含まない英数字文字列 空の文字列
タイムスタンプ 00:00:00.000
ブール FALSE
上記で指定されたデータタイプのいずれかを含むバリアント 空バリアント
同じ関数を使用して複数のプロパティを返す場合、以前指定された任意のデータタイプの1D配列をデータタイプ入力に配線できます。 配列の各値は単一のプロパティに対応します。 ただし、単一のプロパティには値の配列を含めることはできません。
プロパティ名には、値を取得したいプロパティ名を指定します。 この入力に配線しない場合、この関数は、プロパティ名と、指定されたグループ名チャンネル名、または.tdmsファイル全体のプロパティ値を返します。 この入力に配線すると、プロパティ値出力がプロパティ値に置き換わり、指定されたプロパティの値を返します。検出出力がプロパティ名に置き換わり、TRUEを返します。 指定されたプロパティが.tdmsファイルに存在しない場合、プロパティ値出力は指定されたデータタイプのデフォルト値を返し、検出出力はFALSEを返します。

TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。
グループ名は操作を実行するチャンネルグループを指定します。 チャネル名入力に値を配線した場合は、この入力にも値を配線する必要があります。
チャンネル名は操作を実行するチャンネルを指定します。 この入力に値を配線する場合は、グループ名入力にも値を配線する必要があります。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
プロパティ値は、指定されたチャンネルグループ、チャンネル、.tdmsファイルのプロパティ値を返します。 この出力は、プロパティ名入力が配線されていない場合にのみ使用できます。 このパラメータのデータタイプは、データタイプ入力によって決定します。
プロパティ値は、プロパティ値出力に置き換わり、指定されたプロパティのプロパティ値を返します。 この出力は、プロパティ名入力に配線されている場合にのみ使用できます。 このパラメータのデータタイプは、データタイプ入力によって決定します。
プロパティ名は、指定されたチャンネルグループ、チャンネル、.tdmsファイルのプロパティ名を返します。 この出力は、プロパティ名入力が配線されていない場合にのみ使用できます。
検出は、プロパティ名出力に置き換わり、指定されたプロパティが.tdmsファイルに存在するかどうかを示します。 この出力は、プロパティ名入力に配線されている場合にのみ使用できます。

サンプル

TDMSプロパティを取得関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\TDMSディレクトリにあるConcurrent Access to TDMS File VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった