TDMSプロパティを設定 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TDMストリーミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

指定した.tdmsファイル、チャンネルグループ、チャンネルのプロパティを設定します。 値を持つグループ名入力とチャンネル名入力を配線する場合、関数はチャンネルレベルでプロパティを書き込みます。 値を持つグループ名入力はチャンネルレベルでプロパティの配線のみを行います。 グループ名入力とチャンネル名の入力の両方に値がない場合、プロパティはファイル特有になります。 チャネル名入力に値を配線した場合は、グループ名入力にも値を配線する必要があります。

変更を適用するには、.tdmsへのリファレンスを閉じるか、データを.tdmsファイルに排出する必要があります。

詳細  サンプル

プロパティ値は、指定されたチャンネルグループ、チャンネル、.tdmsファイルのプロパティ値を指定します。 この入力は以下のデータタイプを受け入れます。
  • 符号付きまたは符号なし整数
  • 以下のデータタイプを含む浮動小数点数:
    • 単精度および倍精度の浮動小数点数
    • 単精度および倍精度の複素浮動小数点数
    • (Windows) 拡張精度浮動小数点数
  • タイムスタンプ
  • ブール
  • NULL文字を含まない英数字文字列
  • 上記のデータタイプのいずれかを含むバリアント
同じ関数を使用して複数のプロパティを設定する場合、以前指定された任意のデータタイプの1D配列をプロパティ値入力に配線できます。 配列の各値は単一のプロパティに対応します。 ただし、単一のプロパティには値の配列を含めることはできません。
プロパティ名は、指定されたチャンネルグループ、チャンネル、.tdmsファイルのプロパティ名を指定します。
TDMSファイルは、操作を実行する.tdmsファイルのリファレンス番号を指定します。 Refnumを開くには、「TDMSを開く」関数を使用します。
グループ名は操作を実行するチャンネルグループを指定します。 チャネル名入力に値を配線した場合は、この入力にも値を配線する必要があります。
チャンネル名は操作を実行するチャンネルを指定します。 この入力に値を配線する場合は、グループ名入力にも値を配線する必要があります。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
TDMSファイル出力は、操作を実行した.tdmsファイルのTDMSファイルリファレンスを返します。
グループ名出力は操作を実行するチャンネルグループ名を返します。
チャンネル名出力は操作を実行するチャンネル名を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

TDMSプロパティを設定の詳細

このセクションには、.tdmsファイルを使用する際に必要となる可能性があるプロパティがすべて記載されています。 最初の表は、.tdmsファイルに含まれている可能性があるプロパティをすべて示しています。 2番目の表に示すプロパティは、.tdmsファイルには含まれていませんが、特定の操作を実行するために使用できます。 これらのプロパティは、波形属性として.tdmsファイルに書き込むことができます。 ただし、一部のプロパティは.tdmsファイルから波形データを読み取る際に、波形属性として表示されない可能性があります。 波形属性として有効?の列は、プロパティが波形属性として有効かどうかを示しています。 LabVIEWは変数のデータタイプが文字列でない場合このプロパティを無視し、プロパティはテーブルに記述されたようには実行しません。

これらのプロパティの値は、「TDMSプロパティを取得」関数を使用して取得できます。 これらのプロパティの値を変更するには、「TDMSプロパティを設定」関数を使用します。

次の表は、.tdmsファイルに含まれている可能性があるプロパティをすべて示しています。

プロパティ名 データタイプ アクセス ファイル形式バージョンで利用可能 波形属性として有効? 説明
name 文字列 読み取り/書き込み 2.0 あり .tdmsファイルで、ルート名、グループ名、またはチャンネル名などのオブジェクト名を指定します。
NI_ArrayColumn 32ビット符号付き整数 読み取り専用 1.0および2.0 なし 2D配列で列の指標を示します。 このプロパティは、データの2D配列をファイルに書き込む場合のみ.tdmsファイルに表示されます。
NI_ChannelLength 64ビット符号なし整数 読み取り専用 1.0および2.0 あり .tdmsファイルでチャンネルの値の数を示します。
NI_DataType 16ビット符号なし整数 読み取り専用 1.0および2.0 あり チャンネルのデータタイプを示します。 値は、LabVIEWタイプコードに対応する整数です。
NI_DigitalCompression ブール 読み取り専用 1.0および2.0 なし デジタルテーブル圧縮されるかどうかを表示します。 1の値はデジタルテーブルが圧縮されていることを示します。 デジタルテーブルが圧縮されていない場合、このプロパティは表示されません。
NI_DigitalLine 32ビット符号付き整数 読み取り専用 1.0および2.0 なし デジタルテーブルの行の指標を示します。
NI_DigitalNumberOfLines 32ビット符号付き整数 読み取り専用 1.0および2.0 なし デジタルテーブルの行数を示します。
NI_Number_Of_Scales 32ビット符号なし整数 読み取り/書き込み 2.0 なし .tdmsファイルからデータを読み取る際に使用するスケール数を指定します。 たとえば、.tdmsファイルに5つのスケールがあり、NI_Number_Of_Scalesの値が4である場合は、.tdmsファイルを読み取る際、データに最初の4つのスケールだけが適用されます。
NI_Scale[n]_config (nはスケールの次数、configはスケールの構成) 該当なし 読み取り/書き込み 2.0 なし .tdmsファイルのデータのスケール情報を指定します。 .tdmsファイルでは、複数のスケール情報を作成できます。
メモ  スケールの作成には、「TDMSスケール情報を作成」VIを使用することをお勧めします。
NI_Scaling_Status 文字列 読み取り/書き込み 2.0 なし .tdmsファイルのデータ読み取り時にデータをスケールするかどうかを指定します。 値がunscaled.tdmsファイルに1つ以上のスケールが含まれる場合、データはスケールされます。 値がscaledの場合は、データはスケールされません。
unit_string 文字列 読み取り/書き込み 1.0および2.0 なし .tdmsファイルのチャンネルデータの単位を指定します。
wf_increment 倍精度 読み取り/書き込み 1.0および2.0 なし 2つの連続するサンプルのx軸上の増分を表します。
wf_samples 32ビット符号付き整数 読み取り/書き込み 1.0および2.0 なし .tdmsファイルに書き込む波形の最初のデータチャンクに含まれるサンプル数を表します。 値は0より大きい必要があります。
wf_start_offset 倍精度 読み取り専用 1.0および2.0 なし 周波数領域データとヒストグラムでは、このデータがx軸の最初の値として使用されます。
wf_start_time タイムスタンプ 読み取り専用 1.0および2.0 なし 波形が集録または生成された時間を表します。 このプロパティの値は、時間情報が相対時間である場合、または波形が時間領域内ではない場合、0である可能性もあります。
wf_time_pref 文字列 読み取り専用 1.0および2.0 なし x軸のデータを絶対時間または相対時間のどちらとして解釈するかを示します。
wf_xname 文字列 読み取り専用 1.0および2.0 なし 波形のx軸の名前を示します。
wf_xunit_string 文字列 読み取り専用 1.0および2.0 なし x軸の単位テキストを示します。

.tdmsファイルには、上記の表のプロパティ以外の波形属性が含まれる場合があります。

次の表に示すプロパティは、.tdmsファイルには含まれていませんが、特定の操作を実行するために使用できます。

プロパティ名 データタイプ アクセス ファイル形式バージョンで利用可能 波形属性として有効? 説明
NI_DiskCacheSize 32ビット符号なし整数 読み取り/書き込み 2.0 あり NI_DiskCacheSizeプロパティを使用し、特定の量のキャッシュサイズをデータのメモリに割り当てることで.tdmsデータの書き込みパフォーマンスを向上できます。 LabVIEWは、.tdmsデータをファイルごとにバイトで書き込みます。 このプロパティは、「TDMSを開く」関数のバッファを無効?入力がTRUEの場合のみに有効です。 このプロパティのデフォルト値は約2 MBです。 キャッシュサイズを変更するには、「TDMSプロパティを設定」関数のプロパティ値入力に異なる値を配線します。 NI_DiskCacheSizeプロパティにより大きな値を指定すると、書き込みパフォーマンスが向上しますが、より多くのコンピュータリソースが必要になります。
NI_DiskGapSize 32ビット符号なし整数 読み取り/書き込み 2.0 あり NI_DiskGapSizeプロパティを使用して、不連続なデータを読み取る際の.tdmsデータの読み取りパフォーマンスを向上できます。 このプロパティは、「TDMSを開く」関数のバッファを無効?入力がTRUEの場合のみに有効です。 NI_DiskGapSizeプロパティの値は、ローカルハードディスクのセクタサイズの倍数です。 このプロパティのデフォルト値は10です。 .tdmsファイル内のデータ間のギャップがNI_DiskGapSizeプロパティの値より小さい場合、「TDMS読み取り」関数はファイルからすべてのデータを一度に読み取ります。 .tdmsファイル内のデータ間のギャップがNI_DiskGapSizeプロパティの値より大きい場合、「TDMS読み取り」関数は各データを1度に1つずつ読み取ります。 違いの大きさを変更するには、「TDMSプロパティを設定」関数のプロパティ値入力に値を配線します。
メモ  最適な読み取り/書き込みパフォーマンスを得るまでには、試行錯誤で設定変更を必要とする場合もあります。 コンピュータを変更すると、同じ構成で同じパフォーマンスが得られない場合があります。 別のコンピュータにアプリケーションをデプロイした後に、プロパティの値を調整してください。
NI_InMemoryFileSize 64ビット符号付き整数 読み取り専用 2.0 あり NI_InMemoryFileSizeプロパティを使用して、メモリ内の.tdmsファイルのサイズを返します。
NI_InMemoryWriteBlockSize 64ビット符号付き整数 読み取り/書き込み 2.0 あり NI_InMemoryWriteBlockSizeプロパティを使用して、メモリにブロックサイズを割り当ててデータを書き込みます。 このプロパティのデフォルト値は10 MBです。 このプロパティの値範囲は[1 KB, 1 GB]です。 このプロパティにより大きな値を指定すると、割り当てるブロックが少なくなり、メモリ内の書き込みパフォーマンスが向上しますが、より多くのコンピュータリソースが必要になります。 書き込み操作が開始する前にこのプロパティを設定しておく必要があります。 それ以外の場合、LabVIEWはエラーを返します。
NI_MinimumBufferSize 32ビット符号なし整数 読み取り/書き込み 1.0および2.0 あり NI_MinimumBufferSizeプロパティを使用してファイルへの書き込み頻度を減らすことにより、.tdmsデータフローの書き込み性能を向上させることができます。 このプロパティは、データがディスクに書き込む回数を制御することにより、.tdmsファイルのサイズを小さくできます。 NI_MinimumBufferSizeプロパティは、「TDMS書き込み」関数のデータレイアウト入力がdecimatedの場合のみに有効です。 デフォルトでは、NI_MinimumBufferSizeプロパティの値はゼロです。 値をグループレベルで設定した場合、この関数は、その値がゼロである、基本となっているチャンネルの値も設定します。 値をファイルレベルで設定した場合、この関数は、その値がゼロである、基本となっているグループおよびチャンネルの値も設定します。 このプロパティとNI_DiskCacheSizeプロパティの使用は、.tdmsファイルでのファイルバッファリングに影響を与えます。
NI_UpdateChannelName 文字列 書き込み専用 1.0および2.0 あり 「TDMSプロパティを設定」関数で.tdmsファイルのグループとチャンネルの名前を変更できます。 グループの名前を変更するにはNI_UpdateGroupNameプロパティ名入力に配線し、チャンネル名を変更するにはNI_UpdateChannelNameプロパティ名入力に配線します。 新規グループまたはチャンネル名をプロパティ値入力に配線して、置換するグループまたはチャンネル名をグループ名またはチャンネル名入力に配線します。 グループ名またはチャンネル名に配線するグループまたはチャンネルが存在しない場合、LabVIEWは新規の名前で新規グループまたはチャンネルを作成します。
NI_UpdateGroupName

サンプル

TDMSプロパティを設定関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\TDMS\Standard Read and WriteディレクトリにあるTDMS Write Time Domain Data VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった