より一般的なクラスに変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより一般的なクラスに型変換します。

たとえば、クラスAがクラスBを継承する場合、関数はタイプAの変数をタイプBの変数にアップキャストします。

VIサーバrefnum、.NET/ActiveX refnum、LabVIEWクラスなど、LabVIEWで任意のクラス階層を型変換するために、「より一般的なクラスに変換」関数を使用できます。

詳細  

ターゲットクラスリファレンスをアップキャストするクラスです。 この入力には、クラス指定子定数または任意のターゲットタイプのワイヤを配線できます。
リファレンスはアップキャストするRefnumまたはLabVIEWクラスです。
一般クラスのリファレンスはアップキャストされたリファレンスです。 エラーが発生すると、一般クラスのリファレンス非Refnumとなります。

より一般的なクラスに変換の詳細

LabVIEWはリファレンスを互換性のあるターゲットクラスに配線したかどうかを編集時に決定できるため、この関数にはエラー入力エラー出力パラメータがありません。 リファレンスを互換性のないターゲットクラスに配線すると、ワイヤは壊れ、クラス競合エラーが返されます。

「より一般的なクラスに変換」関数を使用して、リファレンスのプロパティまたはメソッドではなく、より一般的なクラスのプロパティまたはメソッドを操作します。 たとえば、列挙体制御器リファレンスを「より特定のクラスに変換」関数に配線して、リファレンスを数値クラスにアップキャストできます。 その後、制御器の数値クラスプロパティを操作できますが、列挙体クラスの特定のプロパティにはアクセスできなくなります。

「外観」VI refnumをリファレンス、VIをターゲットクラスに配線して、「外観」VIからVIにアップキャストします。

関連情報

LabVIEWクラスをキャストする



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった