より特定のクラスに変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより特定のクラスに型変換します。

たとえば、クラスAがクラスBから継承する場合、タイプBの変数はタイプAの値を保持できます。関数を使用して、タイプBからタイプAにダウンキャストできます。型変換が無効の場合、この関数は実行時にエラーを返します。

VIサーバrefnum、.NET/ActiveX refnum、LabVIEWクラスなど、LabVIEWで任意のクラス階層を型変換するために、「より特定のクラスに変換」関数を使用できます。

詳細  サンプル

ターゲットクラスリファレンスをダウンキャストするクラスです。 この入力には、クラス指定子定数または任意のターゲットタイプのワイヤを配線できます。
リファレンスはダウンキャストするRefnumまたはLabVIEWクラスです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
特定クラスのリファレンスは、ダウンキャストリファレンスです。 ターゲットクラスリファレンスと互換性がない場合、関数はエラーを返し、特定クラスのリファレンス非Refnumとなります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

より特定のクラスに変換の詳細

「より特定のクラスに変換」関数を使用して、リファレンスよりも特定のクラスのプロパティまたはメソッドを操作できます。 たとえば、ブール、数値、文字列制御器へのリファレンスの配列を作成した場合、配列には1つのデータタイプのみ含めることが可能で、これらの制御器のそれぞれは制御器クラスのメンバーであるため、LabVIEWはこれらのリファレンスをより一般的な制御器クラスに型変換します。 配列のブール制御器のみのプロパティを操作する場合、配列へのリファレンスを作成して、「より特定のクラスに変換」関数を使用して配列リファレンスをブールクラスへダウンキャストできます。

VI refnumをリファレンス、「外観」VIをターゲットクラスに配線して、VIから「外観」VIにダウンキャストします。

また、データ値リファレンスを使用して、クラスをダウンキャストすることもできます。 「より特定のクラスに変換」関数は、リファレンスがダウンキャストに使用できるようになるまで実行を待機します。 クラスをダウンキャストするには、ターゲットクラスのデータ値リファレンスをターゲットクラスに配線します。

関連情報

LabVIEWクラスをキャストする

サンプル

より特定のクラスに変換関数の使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Server\To More Specific ClassディレクトリにあるTo More Specific Class VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった