ツールメニュー



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

ツールメニューには、LabVIEW、プロジェクト、VIを構成するための項目が表示されます。

メモ  メニュー項目の中には、特定のオペレーティングシステムや特定のLabVIEW開発システムにおいてのみ、またプロジェクトエクスプローラウィンドウで項目が選択されているときや、VIが選択されているときにだけ有効になるものがあります。 また、ソース管理操作項目は再入可能VIのクローンVIのツールメニューでは使用できません。
  • 環境設定を選択を選択すると、環境設定を選択ダイアログボックスが開きます。特定のLabVIEWアドオン(LabVIEW Roboticsモジュールなど)をインストールしている場合、このダイアログボックスで複数のLabVIEW環境の間で切り替えることができます。
  • (Windows) Measurement & Automation Explorerを選択すると、Measurement & Automation Explorer(MAX)が起動します。MAXでは、システムに接続されている計測器とデータ集録ハードウェアを構成できます。
  • 計測からは、計測器ドライバを検索または作成するツールを選択できます。
    • (Windows、Linux)計測器ドライバを検索は、LabVIEWプラグアンドプレイ計測器ドライバを検索してインストールするNI計測器ドライバファインダを表示します。
    • 計測器ドライバプロジェクトを作成を選択すると、新規計測器ドライバの作成に使用する新規計測器ドライバプロジェクトを作成ウィザードが表示されます。
    • NI I/O Traceを選択すると、計測器I/O呼び出しとその結果をキャプチャするNI I/O TraceがLabVIEW VI実行中に起動します。
    • 上級開発には、以下の計測器ドライバを使用するLabVIEWの上級開発用オプションが表示されます。
    • 計測器ドライバネットワークを参照を選択すると、ブラウザで計測器ドライバネットワークが開きます。
  • (MathScript RTモジュール) MathScriptウィンドウを選択すると、数学コマンドの編集または実行、数学スクリプトの作成、変数の数値およびグラフ表現の表示を行うためのLabVIEW MathScriptウィンドウが開きます。
  • 比較からは、比較に関する機能を選択できます。 この項目は、プロフェッショナル開発システムをインストールしているユーザだけが使用できます。 比較には以下の項目があります。
    • VIの比較を選択すると、2つのVIを比較するためのVIの比較ダイアログボックスが表示されます。
    • 差異を表示を選択すると、VIの比較の結果を表示する差異ダイアログボックスが開きます。 このオプションは、VIの比較ダイアログボックスで2つのVIを選択して比較した後のみに使用できます。
    • VI階層の比較を選択すると、VI階層を比較するためのVI階層の比較ダイアログボックスが開きます。
  • 統合メニュー項目からは統合機能を実行できます。 この項目は、プロフェッショナル開発システムをインストールしているユーザだけが使用できます。
    統合メニューには以下の項目があります。
    • VIを統合を選択すると、2つのVIの変更内容を統合するための統合するVIを選択ダイアログボックスが表示されます。
    • LLBを統合を選択すると、2つのLLBの変更内容を統合するための統合するLLBを選択ダイアログボックスが表示されます。
  • プロファイルからは、プロファイルに関する機能を選択できます。 プロファイルには以下の項目があります。
    • パフォーマンスおよびメモリを選択すると、VIの実行時間やメモリの使用に関するデータを集録および表示するためのパフォーマンスおよびメモリをプロファイルウィンドウが開きます。
    • バッファ割り当てを表示を選択すると、バッファ割り当てを表示ウィンドウが表示されます。このウィンドウで、LabVIEWがメモリを割り当てるブロックダイアグラムの特定の領域を確認できます。
    • VI複雑度測定を選択すると、VI複雑度測定ウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、アプリケーションの複雑度を大まかに判断するための情報が表示されます。
    • 並列化可能なループを検索は、並列化可能なForループのVIを解析することに使用できる並列化可能なループを検索ウィンドウを表示します。
  • (Windows) セキュリティからは、セキュリティに関する機能を選択できます。 セキュリティには以下の項目があります。
    • ログインを選択すると、LabVIEWにログインするためのNIセキュリティログインダイアログボックスが開きます。
    • パスワード変更を選択すると、パスワードを変更するためのNIセキュリティパスワードを変更ダイアログボックスが表示されます。
    • ログアウトを選択すると、LabVIEWの現在のユーザがログアウトされます。
    • ドメインアカウントマネージャを選択すると、ローカルドメインの作成、破棄、インポート/エクスポート、ドメインポリシーの適用、ローカルまたはリモートでドメインユーザとグループのアカウント管理を行うためのドメインアカウントマネージャが表示されます。
  • ユーザ名を選択すると、LabVIEWのユーザ名を設定または変更するためのユーザログインダイアログボックスが表示されます。
  • VIからアプリケーションをビルドは、アプリケーションプロパティダイアログボックスのソースファイルページでスタートアップVIツリーの下に開いたVIを追加する新規のスタンドアロンビルド仕様の作成に使用できるVIからアプリケーションをビルドダイアログボックスを表示します。 この項目は、プロフェッショナル開発システムまたはアプリケーションビルダがインストールされている場合にのみ有効になります。
  • ソース管理からは、ソース管理の操作オプションを選択できます。 この項目は、プロフェッショナル開発システムをインストールしているユーザだけが使用できます。 ソース管理には以下の項目があります。
    • 最新バージョンを取得を選択すると、ソース管理からローカルディレクトリに選択されたファイルの最新バージョンがコピーされ、2つのバージョンが同期化されます。 ソース管理のファイルの最新バージョンはローカルディレクトリにあるバージョンを上書きします。
    • チェックインを選択すると、選択したファイルがソース管理にチェックインされます。 変更した新規バージョンは、ソース管理の前のバージョンを置換します。
    • チェックアウトを選択すると、選択したファイルがソース管理からチェックアウトされます。
    • チェックアウトの取り消しを選択すると、前のチェックアウト操作がキャンセルされ、選択されたファイルの内容が前のバージョンに戻されます。 これらのファイルに対する変更は失われます。
    • ソース管理に追加を選択すると、選択したファイルがソース管理に追加されます。
      メモ  この操作はファイルを保存した後使用できるようになります。
    • ソース管理から削除を選択すると、選択したファイルがソース管理から削除されます。
    • 履歴を表示を選択すると、選択したファイルのソース管理履歴が表示されます。
    • 差異を表示を選択すると、選択したファイルのローカルコピーとソース管理にあるバージョンの差異が表示されます。
    • プロパティを選択すると、選択したファイルのソース管理プロパティ(チェックアウトのステータスおよび修正日など)が表示されます。
    • ステータスを更新を選択すると、LabVIEWプロジェクトのファイルのソース管理ステータスが更新されます。LabVIEWプロジェクト以外で作業している場合はVIのステータスが更新されます。
    • ソース管理クライアントを実行を選択すると、ソース管理プロバイダのファイル管理クライアントが起動します。
    • ソース管理を構成を選択すると、オプションダイアログボックスのソース管理lページが表示されます。これは、他社のソース管理プロバイダのソース管理を構成し、LabVIEWでソース管理オプションを設定するときに使用します。
  • VIアナライザは、LabVIEW VI Analyzerツールキットからツールにアクセスします。 このオプションは、LabVIEW VIアナライザツールキットをインストールおよびアクティブ化しているか、LabVIEW Data\VI Analyzer Testsディレクトリにテストが含まれる場合のみ利用可能です。
  • LLBマネージャを選択すると、LLBマネージャウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、VIライブラリのファイルをコピー、名前を変更、削除できます。 また、VIをライブラリ内でトップレベルVIとしてマークすることもできます。 LLBマネージャダイアログボックスでの変更を取り消すことはできません。
  • インポートからは、.NETオブジェクト、ActiveXオブジェクト、共有ライブラリ、ウェブサービスに関する機能を選択できます。 インポートには以下の項目があります。
    • .NETコントロールをパレットに追加を選択すると、.NETコントロールをパレットに追加ダイアログボックスが開き、制御器パレットに.NETコントロールを追加できます。 デフォルトでは、LabVIEWは.NET & ActiveXパレットに.NETコントロールを配置します。
    • ActiveXコントロールをパレットに追加を選択すると、ActiveXコントロールをパレットに追加ダイアログボックスが開き、制御器パレットにActiveXコントロールを追加できます。 デフォルトでは、LabVIEWは.NET & ActiveXパレットにActiveXコントロールを配置します。
    • 共有ライブラリを選択すると、共有ライブラリをインポートウィザードが開き、共有ライブラリファイルのラッパーVIを作成できます。
    • ウェブサービスを選択すると、ウェブサービス内にメソッドをインポートしたり、VIのライブラリを作成することができるウェブサービスをインポートウィザードが表示されます。
  • シェア変数からは、シェア変数に関する機能を選択できます。
    • コンピュータを登録を選択すると、ローカルサブネット上にないコンピュータを登録するためのリモートコンピュータを登録ダイアログボックスが表示されます。 コンピュータ名およびコンピュータのIPアドレスを指定できます。 そして、シェア変数をコンピュータにバインドできます。
  • Distributed System Managerを選択すると、プロジェクト環境の外でシェア変数を編集、作成、および監視するためのNI Distributed System Managerが表示されます。
  • ディスク上のVIを検索を選択すると、ディレクトリ内をファイル名でVIを検索するためのディスク上のVIを検索ダイアログボックスが表示されます。
  • NIサンプルファインダ用にサンプルVIを準備を選択すると、NIサンプルファインダ用にサンプルVIを準備ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、NIサンプルファインダに表示するサンプルVIを作成できます。
  • リモートパネル接続マネージャを選択すると、サーバへのすべてのクライアントトラフィックを監視できます。
  • ウェブパブリッシュツールを選択すると、ウェブパブリッシュツールダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、HTMLドキュメントの作成およびVIフロントパネルの画像の埋め込みが行えます。
  • (Windows)アドオンライセンスツールキットは、LabVIEWで作成したツールキットのライセンスを取得する際に使用できるアドオンライセンスツールダイアログボックスを表示します。 このメニュー項目はアドオンライセンスツールキットをインストール済みの場合のみ表示されます。
  • (Windows) LabVIEWアドオンを検索を選択すると、LabVIEWアドオンやLabVIEWツールネットワークで配布されるその他のコードにアクセスするためのJKI VI Package Manager(VIPM)ソフトウェアが起動します(インストールされている場合)。 VIPMがインストールされていない場合には、このオプションをクリックするとLabVIEWツールネットワークが開きます。
  • 制御とシミュレーションから、PID/ファジー論理VI用のツールにアクセスできます。
    • ファジーシステムデザイナファジーシステムデザイナダイアログボックスを表示します。これを使用してファジーシステムの設計とテストが行えます。
  • 上級からは、LabVIEWの高度な機能を選択できます。 上級には以下の項目があります。
  • オプションを選択すると、オプションダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、LabVIEWアプリケーションの外観と動作をカスタマイズできます。
  • Datalogging and Supervisory Controlは、Datalogging and Supervisory Control(データロギングおよび監視制御)モジュールがシステムにインストールされている場合、そのツールにアクセスできます。
  • Real-Timeモジュールは、システムにReal-Timeモジュールがインストールされている場合、そのツールにアクセスできます。
  • IMAQ Visionは、システムに IMAQ Visionモジュールがインストールされている場合、そのツールにアクセスできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった