ツールパレットのアイコン



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ツールパレットには、フロントパネルやブロックダイアグラムのオブジェクトを操作したり変更するために使用できる以下のツールが含まれています。

自動ツール選択自動ツール選択が有効になっているときにフロントパネルまたはブロックダイアグラムのオブジェクト上にカーソルを移動すると、LabVIEWはツールパレットから自動的に対応するツールを選択します。自動ツール選択を無効にして、ツールを手動で選択することもできます。
操作―制御器の値を変更します。
位置決め―オブジェクトの配置、サイズ変更、選択を行うことができます。
ラベリングキャプションフリーラベルの作成、既存のキャプションとラベルの編集、または制御器内のテキストの選択を行ないます。
配線―ブロックダイアグラム上のオブジェクト間を配線することができます。
オブジェクトショートカットメニュー―オブジェクトのショートカットメニューを開きます。
スクロール―スクロールバーを使わずにウィンドウをスクロールします。
ブレークポイント―VI、関数、ノード、ワイヤ、ストラクチャ、およびMathScriptノードのスクリプトライン(MathScript RTモジュール)ブレークポイントを設定し、その位置で実行を一時停止します。
プローブ―配線上またはMathScriptノード(MathScript RTモジュール)上にプローブを作成できます。疑わしい結果や予想外の結果を生成するVIの中間値を確認する場合は、プローブツールを使用します。
色の抽出―色の設定ツールを使用して貼りつける色をコピーします。
カラー前景色と背景色を設定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった