タイプと作成者を取得 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスによって指定されたファイルのタイプと作成者を読み取ります。 タイプおよび作成者は4文字の文字列です。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

指定されたファイル名がLabVIEWが認識できる文字列 (LVINファイルタイプでは.vi、LVARファイルタイプでは.llbなど) で終わる場合、この関数はタイプにファイルタイプ、作成者LBVWを返します。 指定されたファイルが既知のLabVIEWファイルタイプでない場合、この関数はタイプ作成者????を返します。

詳細  

パスは、読み取るタイプまたは作成者があるファイルまたはディレクトリを指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パス出力は、パスをそのまま返します。
この関数の実行後、タイプには現在のファイルのタイプが含まれます。 エラーが発生しなかった場合、この関数は指定されたファイルのタイプをタイプに返します。 エラーが発生した場合、エラーはエラーのタイプを示し、タイプは空の文字列になります。
この関数の実行後、作成者には現在のファイルの作成者が含まれます。 エラーが発生しなかった場合、この関数は指定されたファイルのタイプを作成者に返します。 エラーが発生した場合、エラーはエラーのタイプを示し、作成者は空の文字列になります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

タイプと作成者を取得の詳細

タイプは、以下の表にリストされたLabVIEWファイルの値を返すことができます。

LabVIEWファイルタイプタイプの値
制御器LVCC
.logLVDL
LabVIEWクラスCLIB
LabVIEWプロジェクトLVPJ
ライブラリLIBR
LLBLVAR
パレットLMNU
テンプレート制御器sVCC
テンプレートVIsVIN
XControlLVXC
VILVIN

また、タイプパラメータは、プラットフォーム固有の文字列を返すことができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった