名前でバンドル解除 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

指定した名前のクラスタ要素を返します。

クラスタ内の要素の順序に注意する必要はありません。 この関数では、要素の数がクラスタの要素の数と一致している必要はありません。 この関数にクラスタを配線し、関数内で個々の要素を選択できます。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

名前付クラスタはアクセスする要素が含まれるクラスタです。
要素 0..m-1は、要素0..m-1の入力クラスタの要素です。 付属ラベルを含む要素のみアクセスできます。 名前付き要素を選択するには、名前端子をクリックし、ショートカットメニューから名前を選択します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった