イベント登録解除 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: イベント関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

イベント登録Refnumに関連付けられたイベントをすべて登録解除します。

このイベント登録refnumを使用するイベントストラクチャはダイナミックなイベントを受信しなくなります。 イベント処理する必要がなくなった場合、ナショナルインスツルメンツではイベントを登録解除することを推奨します。 イベントを登録解除しないと、処理するイベントを待機するイベントストラクチャがない場合でも、VIが実行中の間LabVIEWはイベントを生成しキューに入れ続けます。これにより、メモリが消費され、イベント用にフロントパネルのロックを有効にする際VIがハングアップする原因となります。

イベント登録refnumは、「イベント登録」関数が作成した既存のイベント登録へのリファレンスです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 以下の例外を除き、この入力は標準エラー入力として機能します。

このノードは実行前にエラーが発生していても通常どおり実行されます。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった