バリアントからデータに変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: バリアントVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

LabVIEWがデータを表示または処理できるように、バリアントデータをLabVIEWのデータタイプに変換します。 この関数を使用して、ActiveXデータにバリアントデータを変換することもできます。

詳細  

タイプは、バリアントに格納されたLabVIEWデータタイプを返します。 データが整数の場合は、拡張精度浮動小数点数など別の数値表記法にデータを強制的に設定できます。
バリアントは、タイプで指定されたLabVIEWデータタイプに変換するバリアントデータです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
データは、タイプで指定されたデータタイプに変更されたバリアントです。 指定されたデータタイプにバリアントを変換できない場合は、このデータはデータタイプのデフォルト値を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

バリアントからデータに変換の詳細

ActiveXリファレンスで「バリアントからデータに変換」関数を使用する

この関数はActiveXのQueryInterfaceメソッドと同様の働きをします。 「バリアントからデータに変換」関数を使用してActiveXオブジェクトのインタフェースを切り替えるには、まず「バリアントへ変換」関数でオートメーションrefnumをActiveXオブジェクトに変換します。 「バリアントからデータに変換」関数のバリアント入力にrefnumのバリアントデータを配線します。 別のオートメーションrefnumを作成して、そのrefnumのActiveXクラスに適切なインタフェースを選択します。 この新しいrefnumを「バリアントからデータに変換」関数のタイプ入力に配線します。 指定されたインタフェースが、データから返されるオートメーションrefnumと関連付けられます。

LabVIEWクラスでバリアント変換関数を使用する

バリアントへ変換」関数および「バリアントからデータに変換」関数をLabVIEWクラスで使用する場合、以下の注意事項を考慮してください。 たとえば、親クラスワイヤを通過する子データがあり、親ワイヤを「バリアントへ変換」関数に配線する場合、バリアントは親データタイプのみ認識します。 子データタイプを「バリアントからデータに変換」関数に配線して子データを抽出する場合、LabVIEWはエラーを返します。 親は「バリアントからデータに変換」関数に配線する必要があります。 次に、「より特定のクラスに変換」関数を使用して、子クラスデータを回収します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった