ボリューム情報を取得 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスによって指定されたファイルまたはディレクトリが含まれているボリュームに関する情報を返します。この情報には、バイト単位のボリュームと空き容量によって決定される保管空間の総容量が含まれます。

詳細  

パスは、決定したいボリューム属性があるファイルまたはディレクトリの絶対パスを指定します。 空パスまたは相対パスを指定すると、この関数はエラーを返します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ボリュームパスは、指定されたファイルまたはディレクトリが存在するボリュームを指定する新規のパスです。
パス出力は、パスをそのまま返します。
サイズ(バイト)は、指定されたボリュームで提供される空き容量をバイト単位で示します。
空き領域(バイト)は、指定されたボリュームで利用可能な空き容量をバイト単位で示します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
セクタサイズ(バイト)は、ディスクの最小の物理的ストレージのサイズをバイト単位で示します。 バッファ処理しないでファイルを開く場合、ファイルのデータサイズがセクタサイズの倍数でなければなりません。

ボリューム情報を取得の詳細

ファイルが保存されているボリュームによって、セクタサイズが決定します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった