Zip VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ファイルI/O VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

Zip VIを使用して、新規Zipファイルの作成、既存Zipファイルへのファイルの追加、Zipファイルを閉じる操作を行います。

サンプル

パレットオブジェクト説明
Zipにファイルを追加ソースファイルパスで指定されたファイルをZipファイルへ追加します。 Zip内のデスティネーションパス制御器はZipされたパス情報を指定します。
Zipファイルを解凍Zipファイルの内容をターゲットディレクトリに解凍します。 プレビューのみ?は、Zipファイルを解凍する前に、Zipファイルにあるファイルリストのプレビューを表示するようにTRUEに設定します。 このVIは、パスワード保護されているZipファイルを解凍することはできません。
Zipファイルを閉じるZipファイル入力で指定されたZipファイルを閉じます。
新規Zipファイルターゲットで指定されたパスに、新しい空のZipファイルを作成します。 上書きを確認?制御器の値に基づいて、新しいファイルで既存のファイルが上書きされるか、確認ダイアログボックスが表示されます。

サンプル

Zip VIの使用サンプルは、labview\examples\File IO\ZipディレクトリにあるCreate Zip File VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった