MathScriptノード



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: スクリプト&フォーミュラVI

インストールパッケージ: MathScript RTモジュール

MathScript RTモジュールエンジンを使用して、LabVIEW MathScriptsおよび他のテキストベーススクリプトを実行します。MathScriptノードを使用して、LabVIEWのMathScriptウィンドウで作成したスクリプトを評価することができます。

MathScriptノードに警告グリフが表示されていると、そのノードの実行パフォーマンスが遅くなります。この場合は、スクリプトを変更してMathScriptノードの警告グリフを削除すれば、実行パフォーマンスが改善します。

このノードを使用してスクリプトを実行します。ノードに標準MathScript関数ユーザ定義関数を含むスクリプトを入力するか、ノードの枠線を右クリックして、ノードにテキストをインポートします。ノードの境界を右クリックして、入力変数と出力変数を追加します。出力変数を右クリックして、データタイプを設定できます。

詳細ヘルプウィンドウに変数のデータタイプを表示するには、MathScriptノードの外側をクリックして、カーソルをノードの変数の上に移動します。カーソルを関数の上に移動して、詳細ヘルプに関数の情報を表示することもできます。LabVIEW MathScriptを作成する際は、サポートされているデータタイプを使用する必要があります。

メモ  MathScriptノードとLabVIEW MathScriptウィンドウは、同じアプリケーションインスタンスにある場合にのみデータを交換できます。

MathScriptノードの警告グリフを解消する

実行時にMathScript検索パスリストを変更したり、新しい変数を生成する可能性のある関数をMathScriptノードから呼び出すと、以下に示す警告グリフが関数を呼び出した行の隣に表示されます。

警告グリフが表示されると、LabVIEWでのエラーチェックの頻度が少なくなり、MathScriptノードのランタイムパフォーマンスの速度が遅くなります。 警告グリフは、以下の場合に表示されます。MathScriptノードから警告グリフを削除し、ランタイムパフォーマンスを向上するには、スクリプトの以下の状態を修正して問題を解消してください。

  • スクリプトがaddpathまたはpathremove(旧名rmpath)を呼び出すか、MathScript検索パスリストを実行時に変更する1つ以上の入力を持つcdpathuserpathを呼び出す場合。この場合は、これらの関数を削除し、MathScriptページでデフォルト検索パスリストを設定してください。
  • スクリプトが、breakclearcontinueevalevalscript (evalc)、existglobalis_global (isglobal)、is_member (isa)、load, loaddialog (uiload)、persistentreturnsave, who、またはwho_all (whos)という関数またはキーワードの1つを、現在名または旧名(括弧内は旧名)で呼び出す場合。この場合は、これらの関数およびキーワードをスクリプトから削除してください。
  • スクリプトがユーザ定義関数ではなくスクリプトを含む.mファイルを参照する場合。この場合は、.mファイルの内容をMathScriptノードにコピーするか、.mファイルをスクリプトではなくユーザ定義関数となるよう編集してください。
  • スクリプトが上記のいずれかの状態であるユーザ定義関数を呼び出す場合。警告グリフの原因となる.mファイルを特定するには、表示→VI階層を選択してVI階層ウィンドウを開いてください。VI階層ウィンドウでは、これらの条件を満たす.mファイルと、それらの.mファイルを呼び出す.mファイルに警告グリフが表示されます。この場合は、.mファイルを適切に修正してください。
    ヒント  .mファイルの階層で、VI階層ウィンドウで警告グリフを含む最下位レベルのファイルが、MathScriptノードで警告グリフが表示される原因となる関数のファイルです。

Real-TimeターゲットにデプロイされたLabVIEWランタイムエンジンとアプリケーションは、警告グリフ付きのMathScriptノーをサポートしていません。VIに警告グリフ付きのMathScriptノードが含まれている場合、共有ライブラリまたはスタンドアロンアプリケーションを作成する前にMathScriptノードから警告グリフを削除する必要があります。.mファイルを原因とする警告グリフ付きのMathScriptノードを含むアプリケーションをビルドすると、その.mファイルはアプリケーションから除外されます。また、そのアプリケーションを実行しようとするとLabVIEWからエラーが返されます。

標準MathScript関数には、LabVIEWランタイムエンジンでサポートされていないものもあります。MathScriptノードをスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリに追加するには、これらのサポートされていない関数を含むスクリプトの編集が必要となる場合があります。

コンピュータ間でMathScriptノードを転送する

MathScriptノードのスクリプトがユーザ定義の関数を呼び出す場合、LabVIEWはデフォルト検索パスリストを使用して、関数の呼び出しを指定された.mファイルにリンクさせます。LabVIEWはVIを最後に保存した場所に配置された.mファイルのあるディレクトリで.mファイルを検索するため、VIを異なるコンピュータで開く際、デフォルト検索パスリストを構成して、MathScriptノードを含むVIを保存した後は、MathScript検索パスリストを再構成する必要はありません。ただし、VIおよび.mファイル間の同じ相対パスを維持する必要があります。

アドオンMathScript RTモジュール関数を使用する

特定のLabVIEWモジュールおよびツールキットをインストールすると、MathScript RTモジュール関数が追加されます。これらのアドオンMathScript RTモジュール関数を使用したMathScriptノードを含むVIをコンピュータ間で移動すると、予期しない動作が発生する場合があります。このようなVIを適切なアドオンがインストールされていないコンピュータに移動すると、VI実行時にLabVIEWが適切なアドオンMathScript RTモジュール関数を見つけられません。この場合、MathScriptノード内のスクリプトが多少自動的に変更され、エラーが返されます。この状態でVIを保存して、適切なアドオンがインストールされているコンピュータに移動しても、このVI実行時にエラーが返されます。このエラーを解消するには、MathScriptノードでスクリプトを修正して再度VIを保存する必要があります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった