MATLABスクリプト



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: スクリプトノード

インストールパッケージ: 開発システム (Windows)

スクリプトを実行するためにMATLAB®ソフトウェアを呼び出します。MATLABスクリプトノードを使用するには、ライセンスされたMATLABソフトウェアのバージョン6.5以降がコンピュータにインストールされている必要があります。これは、スクリプトノードがMATLAB言語構文で記述されたスクリプトを実行するためにMATLABソフトウェアスクリプトサーバを起動するためです。MATLABスクリプトノードは、LabVIEWではActiveXテクノロジーを使用して実行されるためWindowsでのみ使用可能です。

このノードをブロックダイアグラムに追加し、スクリプトを入力します。ノードの境界を右クリックして、ノードにテキストをインポートすることもできます。ノードの境界を右クリックして、入力端子と出力端子を追加します。端子を右クリックして、端子のデータタイプを設定します。MATLABスクリプトノードでスクリプトを作成する際は、サポートされているデータタイプを使用する必要があります。

サンプル

MATLABスクリプトの使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • MATLAB script node - Lorenz Diff Eq VI: labview\examples\Mathematics\Scripts and Formulas
  • MATLAB script node - Fractal VI: labview\examples\Mathematics\Scripts and Formulas


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった