オートメーションオープン 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ActiveX関数

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

特定のActiveXオブジェクトを指定するオートメーションRefnumを返します。

詳細  サンプル

オートメーションRefnumオートメーションRefnum出力のオブジェクトタイプを提供します。
マシン名は、VIがオートメーションRefnumを開くマシンを示します。 マシン名が指定されない場合、オブジェクトはローカルマシンで開かれます。
新しいインスタンスを開くがTRUEの場合、LabVIEWはオートメーションRefnumの新規インスタンスを作成します。 FALSE(デフォルト)の場合、LabVIEWはすでに開いているrefnumのインスタンスへの接続を試みます。 この操作の試行に失敗すると、LabVIEWは新規のインスタンスを開きます。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
オートメーションRefnumは、ActiveXオブジェクトに関連付けられたrefnumです。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

オートメーションオープンの詳細

オブジェクトのクラスを選択するには、関数上で右クリックして、ActiveXクラスを選択を選択します。 Refnumを開いたら、別のActiveX関数に渡すことができます。 この関数の入力として、作成可能なクラスのみ選択します。 マシン名を配線すると、オブジェクトはリモートマシンで開きます。 そうでない場合、オブジェクトはローカルマシン上で開きます。

メモ  リモートリファレンスを開くためには、Distributed COMが正しくインストールおよび構成されている必要があります。

サンプル

オートメーションオープン関数の使用サンプルは、labview\examples\Connectivity\ExcelディレクトリにあるExcel - ActiveX Event Callback VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった