DataSocketを開く 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: DataSocket VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

URLで指定したデータ接続を開きます。

URLは、読み取るデータソースまたは書き込むデータターゲットを識別します。 URLはデータの読み書きに使用するプロトコルの名前(pspdstpopcftphttp、およびfileなど)で始まります。 シェア変数制御器をこの端子に接続することもできます。
モードは、データ接続によって実行する操作を指定します。 バッファ処理は、「DataSocket読み取り」関数を使用してサーバが書き込んだデータを読み取る場合のみに適用されます。 フロントパネルのDataSocketのデータバインディングを使用してデータを読み取る場合、バッファリングは使用できません。 シェア変数プロパティダイアログボックスのネットワークページでバッファ機能が有効な制御器をシェア変数にバインドする場合、シェア変数エンジンを介してフロントパネルのデータバインディングにバッファを使用できます。
メモ  データの損失を最小限にするには、サーバ上でデータをバッファ処理する必要があります。


0Read (デフォルト)
1Write
2ReadWrite
3BufferedRead
4BufferedReadWrite
ミリ秒タイムアウトは、LabVIEWが接続を確立するまでの待機するミリ秒単位の時間を指定します。 デフォルト値は10,000ミリ秒(10秒)です。 -1を指定した場合、関数は無限に待機します。 0を指定した場合、LabVIEWは接続を確立しようとせず、エラー56を返します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
接続IDは、データ接続を固有に識別します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった