DataSocket 読み取り 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: DataSocket VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

次の使用可能なデータ値を接続入力で指定された接続に関連付けられたクライアント側のバッファのキューから削除し、そのデータを返します。

メモ  クライアント側のバッファ処理は、opcfileなどの他のプロトコルにも適用されます。 ただし、場合によっては、これらのサーバでデータが失われる可能性もあります。

サンプル

接続入力は、読み取るデータソースを識別します。 接続入力は、URLを表す文字列、シェア変数制御器、「DataSocketを開く」関数からの接続IDリファレンスパラメータ出力、または「DataSocket書き込み」関数からの接続出力パラメータ出力できます。
タイプ(バリアント)は、読み取るデータのタイプを指定し、データ出力端子のタイプを定義します。 デフォルトのタイプはバリアントで、任意のタイプとなります。 任意のデータタイプをこの入力に配線し、出力データタイプを定義します。 入力データの値は無視されます。
ミリ秒タイムアウトは、値の更新が接続バッファで使用可能になるまでの待機時間を指定します。 値の更新を待機がFALSEで、初期値が到着した場合、関数はこの入力を無視して待機しません。 デフォルト値は10,000ミリ秒(10秒)です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
値の更新を待機がTRUEの場合、関数は値が更新されるまで待機します。 接続バッファに未処理データが含まれる場合、関数は次の値を即座に返します。 そうでない場合、関数は更新されるまでミリ秒タイムアウトのミリ秒間待機します。 タイムアウト時間制限内に値が更新されなかった場合は現在の値が返され、タイムアウトはTRUEになります。 値の更新を待機がFALSEの場合、関数は接続バッファに次の値を返し、データがない場合は最後に読み取られた値を返します。
ステータスは、PSPサーバまたはFieldPointコントローラの警告またはエラーを報告します。 31番目のビットが1の場合、ステータスはエラーを示します。 それ以外の場合、ステータスはステータスコードを示します。
品質は、シェア変数またはNI Publish-Subscribe-Protocol(NI-PSP)データ項目から読み取られたデータの品質です。 VIをデバッグする情報については、品質の値を使用します。 以下の表は、一部の可能な品質値のリストです。

ビット番号説明
1このシェア変数からの値は、データソースからの最新値でない可能性があります。
2センサのエラーです。
3一般デバイスのエラー応答です。
4サーバのエラーです。
5一般通信エラーです。
6シェア変数エンジンで変数を検出できません。 この変数のデプロイメントに失敗した可能性があります。
7シェア変数に既知の値がありません。
8シェア変数が非アクティブです。
10下限
11上限
12定数
13センサが正確ではありません。
14工学単位の制限を超過しました。
15一般的なOPCエラー。
16数学エラー。
17通信リンクに失敗しました。
18NI-PSPがサーバにまだ接続されていません。
19サーバのDNSルックアップに失敗しました。
20サーバに到達できません。
21サーバのサービスルックアップに失敗しました。
22サーバへの接続が解除されました。
23プロセスが見つからないか、応答していません。
24このシェア変数のURLの解決に失敗しました。
25シェア変数への読み取りアクセスが拒否されました。
26このシェア変数のURLが無効です。
30ポイントにアクティブなアラームがあります。
31サブスクリプションに失敗しました。
3232以上の有効ビットが設定されているか、報告されたエラーステータスがあります。
33シェア変数のクライアント側の読み取りバッファがいっぱいです。
34シェア変数のクライアント側読み取りバッファがオーバーフローしました。
35シェア変数のサーバ側書き込みバッファがいっぱいです。
36シェア変数のサーバ側書き込みバッファがオーバーフローしました。
接続出力は、データ接続を指定するデータソースです。
データは、読み取りの結果です。 この関数がタイムアウトする場合、データはこの関数により最後に読み取られた値を返します。 この関数がデータを読み取る前にタイムアウトする、またはデータタイプに互換性がない場合は、データ0、または同等の値を返します。
タイムアウトは、更新または初期値を待機中に関数がタイムアウトになる場合、TRUEを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
タイムスタンプは、NI Publish-Subscribe Protocol (NI-PSP)データ項目とシェア変数のタイムスタンプデータを返します。
VIへのパスです。

サンプル

DataSocket 読み取り関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\DataSocket\Simple DataSocketディレクトリにあるSimple DataSocket.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった