DataSocket 書き込み 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: DataSocket VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

接続入力で指定する接続にデータを書き込みます。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

サンプル

接続入力は、書き込むデータ項目を識別します。 接続入力には、URLまたはシェア変数制御器を記述する文字列を入力できます。
データは、接続に書き込まれるデータです。 データは、任意の形式またはLabVIEWのデータタイプにできます。
ミリ秒タイムアウト(0)は、保留中の操作が完了するまで関数が待機するミリ秒単位の時間を指定します。 デフォルト値は0で、関数が操作の完了を待機しないことを示します。 操作が完了するまで関数が待機するよう設定するには、タイムアウト値-1を指定します。 現時点では、Windowsではopcプロトコル、その他のLabVIEWサポートプラットフォームではdstpおよびfileプロトコルのみ、この関数のゼロ以外のタイムアウト値をサポートしています。 pspプロトコルでゼロ以外のタイムアウト値を使用するには、同期通知を有効にする必要があります。 同期通知が有効の場合、関数は、操作が完了またはタイムアウトするまで待機します。 同期通知を有効にして、書き込み操作でゼロ以外のタイムアウト値を使用できるようにするには、psp URLの最後に?sync=trueを追加する必要があります。 同期通知が有効の場合、特にRTターゲット上では、パフォーマンスが低下する原因となります。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
接続出力は、データ接続を指定するデータソースです。
エラーなしで操作がタイムアウトの時間内に完了すると、タイムアウトはFALSEを返します。 ミリ秒タイムアウトが0の場合、タイムアウトはFALSEです。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

DataSocket 書き込み関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\DataSocket\Simple DataSocketディレクトリにあるSimple DataSocket.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった