.NET関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: コネクティビティVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

.NET関数を使用して、.NET環境で.NETオブジェクトを作成し、プロパティの設定やメソッドの呼び出しを行い、これらのオブジェクトのイベントを処理します。 また、フロントパネルで.NETコントロールを作成できます。

メモ  LabVIEWで.NETオブジェクトを作成して通信するには、LabVIEWと一緒にインストールされる.NET CLR 4.0が必要です。 .NET 2.0ミックスモードアセンブリをロードする場合は、.NET 2.0構成ファイルを使用する必要があります。 LabVIEWにおける.NETに関する制限事項の詳細については、LabVIEWで.NETを使用する際の要件を参照してください。

ナショナルインスツルメンツは、.NETオブジェクトをLabVIEWプロジェクトのみで使用することを強く推奨します。

このパレットにある関数は、Windowsコネクティビティエラーコードを返します。

.NET関数を使用したサンプルは、labview\examples\Connectivity\Dot NETディレクトリを参照してください。

パレットオブジェクト説明
.NETオブジェクトからバリアントに変換.NETオブジェクトをLabVIEWバリアントに変換します。
.NETオブジェクトに変換LabVIEWデータタイプを.NETオブジェクトに変換します。 数値 (拡張精度および複素精度を除く)、文字列、ブール、タイムスタンプ、パス、.NET Refnum、配列データタイプを変換できます。
イベントコールバックを登録イベント発生時に、呼び出されるVIを登録します。 この関数を使用して.NETおよびActiveXイベントを登録および処理します。 各項目に配線されている入力リファレンスのタイプを使用して、登録するイベントを指定します。
イベント登録解除イベント登録Refnumに関連付けられたイベントをすべて登録解除します。
インボークノード (.NET)リファレンスでメソッドまたは動作を呼び出します。 大半のメソッドには関連付けられているパラメータがあります。
コンストラクタノード.NETオブジェクトのインスタンスを作成します。 このノードは.NETオブジェクトを作成するコンストラクタを認識します。
スタティックVIリファレンスVIのスタティックリファレンスを管理します。 「スタティックVIリファレンス」関数を構成すると、一般またはタイプ指定されたVIリファレンスを出力できます。 ブロックダイアグラムに「スタティックVIリファレンス」関数を配置してダブルクリックすると、ファイルダイアログボックスが表示され、VIを選択できます。
プロパティノード (.NET)リファレンス取得 (読み取り) および/または設定 (書き込み) プロパティです。
より一般的なクラスに変換制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより一般的なクラスに型変換します。
より特定のクラスに変換制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより特定のクラスに型変換します。
リファレンスを閉じる開いているVI、VIのオブジェクト、開いているアプリケーションインスタンス、.NETまたはActiveXオブジェクトに関連付けられたrefnumを閉じます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった