ヘッダを追加 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ヘッダVI

インストールパッケージ: ベース開発システム

クライアントハンドルに関連付けられたすべてのウェブ要求にヘッダフィールドラインを追加します。 ヘッダは、クライアントとサーバの間で交換されるデータの属性を定義します。

既存のヘッダを指定した場合、指定されたはヘッダ値を上書きします。 ヘッダを削除するにはヘッダを削除を使用します。

詳細  

クライアントハンドルは、ウェブ要求に関連付けるクライアントハンドルを指定します。 クライアントハンドルを使用して、認証情報、HTTPヘッダ、クッキーを維持しながら複数のHTTPクライアントVIを接続できます。 クライアントハンドルは、ヘッダや認証情報など継続的なデータを使用しない、独立したウェブ要求を作成する場合には必要ありません。
ヘッダは、クライアントハンドルに関連付けられたすべてのウェブ要求に追加するヘッダフィールドを指定します。 ヘッダプルダウンメニューには、使用可能なヘッダフィールドが表示されます。

既存のヘッダを指定した場合、指定されたはヘッダ値を上書きします。
は、ヘッダフィールドに割り当てる値を指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
クライアントハンドル出力は、ウェブ要求に関連付けられたクライアントハンドルを返します。 クライアントハンドルを使用して、認証情報、HTTPヘッダ、クッキーを維持しながら複数のHTTPクライアントVIを接続できます。 クライアントハンドルは、ヘッダや認証情報など継続的なデータを使用しない、独立したウェブ要求を作成する場合には必要ありません。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

ヘッダを追加の詳細

複数のウェブ要求に共通するヘッダの値は、クライアントハンドルに保存されます。 クライアントハンドルを作成するには、「ハンドルを開く」VIを使用します。 サンプルヘッダ、説明、構文など、詳細なヘッダフィールドの定義については、World Wide Web Consortiumのウェブサイト (www.w3.org) (英語) を参照してください。

以下のスクリーンショットは、次の操作を実行するコードを示しています。

  1. ハンドルを開く」VIで、クライアントハンドルと継続性のあるデータを保存するクライアント側クッキーを開きます。
  2. 「ヘッダを追加」VIで、クライアントハンドルに関連付けられた後続のウェブ要求で使用する言語を設定するための新しいヘッダフィールド行を追加します。
  3. GET」VIは、Accept-Languageヘッダを持つウェブ要求を実行します。
  4. ハンドルを閉じる」VIで、クライアントハンドルを閉じてヘッダなど継続性のあるデータを削除します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった