ヘッダVI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: HTTPクライアントVI

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ヘッダVIを使用して、クライアントハンドルに関連付けられたウェブ要求のヘッダフィールド行を管理します。 これらのVIはLabVIEWウェブサービスとも対話できます。

パレットオブジェクト説明
ヘッダの有無を確認ヘッダクライアントハンドルに関連付けられているかどうかを調べます。 ヘッダは、クライアントとサーバの間で交換されるデータの属性を定義します。 複数のウェブ要求に共通するヘッダの値は、クライアントハンドルに保存されます。 クライアントハンドルを作成するには、「ハンドルを開く」VIを使用します。 サンプルヘッダ、説明、構文など、詳細なヘッダフィールドの定義については、World Wide Web Consortiumのウェブサイト (www.w3.org) (英語) を参照してください。
ヘッダリストクライアントハンドルに関連付けられているヘッダを表示します。 ヘッダは、クライアントとサーバの間で交換されるデータの属性を定義します。 複数のウェブ要求に共通するヘッダの値は、クライアントハンドルに保存されます。 クライアントハンドルを作成するには、「ハンドルを開く」VIを使用します。 サンプルヘッダ、説明、構文など、詳細なヘッダフィールドの定義については、World Wide Web Consortiumのウェブサイト (www.w3.org) (英語) を参照してください。
ヘッダを削除クライアントハンドルに関連付けられたすべてのウェブ要求からヘッダフィールドラインを削除します。 ヘッダは、クライアントとサーバの間で交換されるデータの属性を定義します。 複数のウェブ要求に共通するヘッダの値は、クライアントハンドルに保存されます。 クライアントハンドルを作成するには、「ハンドルを開く」VIを使用します。 サンプルヘッダ、説明、構文など、詳細なヘッダフィールドの定義については、World Wide Web Consortiumのウェブサイト (www.w3.org) (英語) を参照してください。
ヘッダを取得クライアントハンドルヘッダに割り当てられている値を返します。 ヘッダは、クライアントとサーバの間で交換されるデータの属性を定義します。 複数のウェブ要求に共通するヘッダの値は、クライアントハンドルに保存されます。 クライアントハンドルを作成するには、「ハンドルを開く」VIを使用します。 サンプルヘッダ、説明、構文など、詳細なヘッダフィールドの定義については、World Wide Web Consortiumのウェブサイト (www.w3.org) (英語) を参照してください。
ヘッダを追加クライアントハンドルに関連付けられたすべてのウェブ要求にヘッダフィールドラインを追加します。 ヘッダは、クライアントとサーバの間で交換されるデータの属性を定義します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった