セキュリティVI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: HTTPクライアントVI

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

セキュリティVIを使用して、データ転送を暗号化および復号化します。 これらのVIは、ウェブサービスセキュリティVIとともに使用することもできます。

パレットオブジェクト説明
APIキーを設定クライアントハンドルに関連付けられたウェブ要求にAPIキー認証を与えます。 APIキーセキュリティは、LabVIEWウェブサービスを保護する手段の1つです。 クライアントハンドルには、複数のウェブ要求に共通する認証情報が保存されます。 クライアントハンドルを開くには、「ハンドルを開く」VIを使用します。
ConfigKeyホストとキーを交渉し、そのキーをクライアントハンドルに追加します。 このキーは、データを暗号化および復号化するために、「暗号化」VIおよび「復号化」VIとともに使用します。 この機能は、NIウェブサーバでのみ使用できます。 クライアントハンドルを開くには、「ハンドルを開く」VIを使用します。
ConfigSSLクライアントハンドルに関連付けられたウェブ要求にSSL (Secure Sockets Layer) 認証を与えます。 他のHTTPクライアントVIでは、SSL認証を使用してウェブ要求をサーバ、ウェブページ、ウェブサービスに送信できます。
暗号化クライアントハンドルに関連付けられたキーを使用してデータを暗号化します。 キーをクライアントハンドルに関連付けるには、「ConfigKey」VIを使用します。 この機能は、NIウェブサーバでのみ使用できます。 クライアントハンドルを開くには、「ハンドルを開く」VIを使用します。
復号化クライアントハンドルに関連付けられたキーを使用してデータを復号化します。 キーをクライアントハンドルに関連付けるには、「ConfigKey」VIを使用します。 この機能は、NIウェブサーバでのみ使用できます。 クライアントハンドルを開くには、「ハンドルを開く」VIを使用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった