インボークノード (ActiveX)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ActiveX関数

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

リファレンスでメソッドまたは動作を呼び出します。 大半のメソッドには関連付けられているパラメータがあります。

ノードは、標準のインボークノードと同様に動作します。

詳細  

リファレンス入力は、メソッドを呼び出すか、動作を実行するオブジェクトに関連づけられたrefnumです。 インボークノードクラスがアプリケーションまたはVIの場合、この入力にrefnumを配線する必要はありません。 アプリケーションクラスの場合、デフォルトは現在のアプリケーションインスタンスです。 VIクラスの場合、デフォルトはインボークノードを含むVIです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
入力 1..nは、メソッドのサンプル入力パラメータです。
リファレンス出力は、未変更のリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
戻り値は、メソッドのサンプル戻り値です。
出力 1..nは、メソッドのサンプル出力パラメータです。

インボークノード (ActiveX)の詳細

ActiveXは64ビット整数データタイプをサポートしていません。 64ビット整数データをActiveXインボークノードのバリアントパラメータに配線する場合、LabVIEWではデータが倍精度浮動小数点数に変換されます。 インボークノードを右クリックし、ショートカットメニューからクラスを選択→ActiveX→参照を選択してタイプライブラリからオブジェクトを選択ダイアログボックスを表示します。

フロントパネルまたはブロックダイアグラムで、ActiveXオブジェクトを右クリックして作成→インボークノードを選択し、ショートカットメニューからメソッドを選択して、オブジェクトのメソッドを呼び出します。 また、ActiveXオブジェクトにActiveX特有のメソッドを呼び出すこともできます。 ブロックダイアグラムでActiveXオブジェクトを右クリックし、作成→インボークノードを選択して、ショートカットメニューからActiveX特有のメソッドを選択します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった