TCP VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プロトコルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

TCP VIおよび関数を使用して、TCPネットワーク上のデバイスと通信します。

サンプル

このパレットにあるVIおよび関数は、ネットワークエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
IPアドレスを文字列に変換IPネットワークアドレスを文字列に変換します。
TCPリスナを作成TCPネットワーク接続へのリスナを作成します。 0をポート入力に配線して、オペレーティングシステムが有効と決定する使用可能なTCPポートを動的に選択します。 「TCP接続を開く」関数を使用して、NI サービスロケータサービス名で登録されたポート番号をクエリします。
TCPリスナを待機TCPネットワーク接続が受け入れられるのを待機します。
TCPリスンリスナを作成し、指定されたポートでTCPネットワーク接続が受け入れられるのを待機します。
TCP書き込みTCPネットワーク接続へデータを書き込みます。
TCP接続を開くアドレスリモートポートまたはサービス名とのTCPネットワーク接続を開きます。
TCP接続を閉じるTCPネットワーク接続を閉じます。
TCP読み取りTCPネットワーク接続から複数のバイトを読み取り、データ出力に結果を返します。
マシンエイリアスを解決ネットワークおよびVIサーバ関数で使用できる、マシンのネットワークアドレスを返します。
文字列をIPアドレスに変換文字列をIPネットワークアドレスまたはIPネットワークアドレスの配列に変換します。


「データ通信方法」ホーム

サンプル

TCP VIおよび関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Protocols\TCP\Simple TCPディレクトリにあるSimple TCP.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった