TCP書き込み 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TCP VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

TCPネットワーク接続へデータを書き込みます。

サンプル

接続IDは、TCP接続を固有に識別するネットワーク接続Refnumです。
データ入力には、接続に書き込むデータが含まれています。 以下のいずれかの方法で、サイズが異なる場合があるメッセージを処理します。
  • メッセージを記述する固定サイズのヘッダで始まるメッセージを送信します。 たとえば、その後に続くメッセージの種類を認識するコマンド整数、およびメッセージ内のデータ量を認識する長さの整数が含まれている場合があります。 サーバとクライアントは両方とも、8バイトの読み取り関数を発行し(それぞれ4バイトの整数であると推定)、それらを2つの整数に変換し、長さの整数を使用して2番目の読み取り関数に渡す残りのメッセージのバイト数を決定することによって、メッセージを受信します。 この2番目の読み取りが完了すると、両方が次の反復の8バイトのヘッダの読み取り関数に戻ります。 この方法は最も柔軟ですが、各メッセージを受信するのに2回読み取りが必要です。 実際には、メッセージが単一の書き込み関数で書き込まれる場合、通常2回目の読み取りは即座に完了します。
  • 各メッセージを固定サイズにします。 メッセージの内容が指定した固定サイズより小さい場合、メッセージを固定サイズにパディングします。 メッセージを受信するのに単一の読み取りのみ必要であるため、不要なデータが送信される場合がありますが、この方法は多少効率性に優れています。
  • 各メッセージの内容が改行文字と復帰文字の改行ペアによって終了する、内容がASCIIのみのメッセージを送信します。 読み取り関数には、CRLFが渡されると、復帰改行と改行シーケンスを検出するまで読み取りを行うモード入力があります。 メッセージデータにCRLFシーケンスが含まれる場合、この方法はより複雑になりますが、POP3、FTP、HTTPなど、多くのインターネットプロトコルで一般的に使用されています。
タイムアウト(ms)は、関数が完了してエラーを返すまで、関数がデバイスにバイトを書き込むのを待機するミリ秒単位の時間です。 デフォルト値は25,000 msです。 値-1を指定すると無限に待機します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
接続ID出力接続IDと同じ値を返します。
書き込まれたバイト数は、接続に書き込むバイト数です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

TCP書き込み関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Protocols\TCP\TCP Named ServiceディレクトリにあるTCP Named Service.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった