VIサーバの機能



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIサーバは、フロントパネルオブジェクト、VI、LabVIEW環境を動的に制御する一連の関数です。これらの関数はアプリケーション制御パレットにあります。VIサーバを使用すると、以下のプログラム的操作を実行できます。

  • 別のVIが呼び出すVIを必要に応じてメモリに動的にロードできるため、VIを開くときにすべてのサブVIをロードする必要がなくなります。
  • リモートでVIを呼び出すことができます。
  • LabVIEWのアプリケーションインスタンスをサーバとして構成し、サーバがエクスポートするVIをウェブ上の他のLabVIEWインスタンスから呼び出せるようにします。たとえば、遠隔地でデータを集録して記録するデータ集録アプリケーションがあれば、いつでもローカルコンピュータからそのデータをサンプリングできます。オプションダイアログボックスでVIサーバの環境設定を変更することによって、最新データの転送が動的なVIの呼び出しのように簡単に行なえるように、一部のVIをウェブ上でアクセス可能にすることができます。ネットワーク通信の詳細はVIサーバによって処理されます。また、VIサーバはプラットフォームにまたがって実行可能なので、異なるプラットフォーム上でクライアントとサーバを実行できます。
  • LabVIEWおよびVIのプロパティを編集できます。たとえば、動的にVIのウィンドウ位置を決めたり、フロントパネルの特定の部分が表示されるようにスクロールすることができます。また、プログラム的にすべての変更内容をディスクに保存できます。
  • 各VIに対してVIプロパティダイアログボックスを使用して手動で更新する代わりに、複数のVIのプロパティを一度に更新できます。
  • バージョン番号および改版などのアプリケーションインスタンスの情報を取得できます。また、LabVIEWを実行しているプラットフォームなどの環境情報も取得できます。
  • アプリケーションに対してプラグインアーキテクチャを作成することにより、ユーザに配布済みのアプリケーションにも機能を追加できるようになります。たとえば、データをフィルタ処理するVIのセットがあり、そのVIすべてが同じパラメータを使用するとします。これらのVIが1つのプラグインディレクトリから動的にロードされるようにアプリケーションを設計することにより、これらのVIセットの一部だけを実装したアプリケーションを提供することができます。また、プラグインディレクトリに新しいフィルタ処理VIを追加するだけでユーザのフィルタ処理オプションをさらに拡張することができます。
  • フロントパネルオブジェクトを制御します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった