ケースストラクチャ: 入力値に基づいてコードのセクションを実行する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下に表示されるケースストラクチャには、複数のサブダイアグラムが含まれています。ケースストラクチャを使用するサンプルについては、labview\examples\StructuresディレクトリにあるCase Structure - Selector Data Types VIを参照してください。

一度に表示されるケースサブダイアグラムは1つのみであり、ストラクチャにより一度に実行されるサブダイアグラムも1つのみです。入力値によって、どのサブダイアグラムが実行されるかが決まります。ケースストラクチャは、テキストベースのプログラミング言語におけるスイッチステートメントまたはif...then...elseステートメントに似ています。

ケースストラクチャの上部にあるケースセレクタラベルには、以下のように、中央にケースに対応するセレクタ値の名前があり、その両側に減分矢印と増分矢印があります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった