定義済みのコマンドライン操作



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEW用コマンドラインインタフェースは、以下の操作をサポートしています。

  • MassCompile—指定されたディレクトリのファイルを一括コンパイルします。
  • ExecuteBuildSpec—ビルド仕様の設定を使用してアプリケーション、ライブラリ、またはビットファイルをビルドし、出力ファイルのパスを返します。
  • RunVI—定義済みのコネクタペーンインタフェースでVIを実行し、出力またはエラー情報を返します。
  • CloseLabVIEW—ユーザに通知せずにLabVIEWを閉じます。
  • (VI Analyzerツールキット) RunVIAnalyzer—LabVIEW VI Analyzerツールキットで指定されたVI Analyzerタスクを実行し、指定された場所にテストレポートを保存します。
  • (Unit Test Frameworkツールキット) RunUnitTests—LabVIEW Unit Test Frameworkツールキットで指定されたファイルに対してテストを実行し、指定された場所にJUnitファイルを保存します。

LabVIEWで実行するカスタム操作を作成することもできます。

MassCompile

指定されたディレクトリのファイルを一括コンパイルします。

次の表は、この操作に必要可能な引数を示しています。必要な引数は太字で示されています。

引数 説明 デフォルト
−DirectoryToCompile コンパイルするVIの場所。
−MassCompileLogFile ログ結果のファイルのパス。 一時的な場所へのパス
−AppendToMassCompileLog 結果をログファイルに追加するかどうかを指定するブール値。 false—指定されたログファイルがすでに存在する場合、既存のログファイルは上書きされます。
−NumOfVIsToCache 一括コンパイル中にメモリに保持できるVIの数。
メモ  VIをキャッシュすると、トップレベルのVIをコンパイルするときにすでにキャッシュされたVIをロードする必要がないため一括コンパイルにかかる実行時間が顕著に縮小されます。ただし、VIのキャッシュによってより多くのシステムメモリが消費されます。複数のサブフォルダに同じ名前のVIが含まれているフォルダを一括コンパイルし、それらのVIがライブラリに属していない場合、VIキャッシュでクロスリンクが発生する可能性があります。
0
−ReloadLVSBs VIのCINを無視し、アプリケーションがそれらを検索できるようにするかどうかを指定するブール値です。
この引数は、多数のCINが再コンパイルされたために再ロードが必要な場合に便利です。
false

この操作をLabVIEW用CLIで実行するには、次の構文を使用してコマンドを実行します。

LabVIEWCLI -OperationName MassCompile -DirectoryToCompile <ファイルのディレクトリ> -MassCompileLogFile <ログファイルのパス> -AppendToMassCompileLog <trueまたはfalse> -NumOfVIsToCache <キャッシュするVIの数> -ReloadLVSBs <trueまたはfalse>

たとえば、 LabVIEWCLI -OperationName MassCompile -DirectoryToCompile "C:\temp" -MassCompileLogFile "C:\temp\log.txt" -AppendToMassCompileLog true -NumOfVIsToCache 0 -ReloadLVSBs false

ExecuteBuildSpec

ビルド仕様の設定を使用してアプリケーション、ライブラリ、またはビットファイルをビルドし、出力ファイルのパスを返します。

次の表は、この操作に必要可能な引数を示しています。必要な引数は太字で示されています。

引数 説明 デフォルト
−ProjectPath ビルド仕様が含まれているLabVIEWプロジェクト (.lvproj) ファイルのパス。
−TargetName ビルド仕様が含まれているターゲット。 My Computer
−BuildSpecName プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示されるビルド仕様の名前。 空の文字列—LabVIEW用CLIは、指定されたターゲットの下にあるすべてのビルド仕様をビルドします。

この操作をLabVIEW用CLIで実行するには、次の構文を使用してコマンドを実行します。

LabVIEWCLI -OperationName ExecuteBuildSpec -ProjectPath <プロジェクトのパス> -TargetName <ターゲット名> -BuildSpecName <ビルド仕様名>

たとえば、 LabVIEWCLI -OperationName ExecuteBuildSpec -ProjectPath "C:\temp\test.lvproj" -TargetName "My Computer" -BuildSpecName "My DLL"

RunVI

次のコネクタペーンインタフェースでVIを実行し、出力またはエラー情報を返します。

端子 データタイプ 説明

VIのコマンドライン引数。

VIが返すLabVIEW用CLI終了コード。

LabVIEW用CLIコンソールまたはログファイルに入れる出力またはエラー情報。

次の表は、この操作に必要可能な引数を示しています。必要な引数は太字で示されています。

引数 説明 デフォルト
−VIPath LabVIEWで実行するVIのパス。
VIのコネクタペーンが定義済みのインタフェースと一致しない場合、LabVIEW用CLIはエラーを返します。
<VIのコマンドライン引数> VIの入力配列の要素。複数の要素はスペースで区切ります。

この操作をLabVIEW用CLIで実行するには、次の構文を使用してコマンドを実行します。

LabVIEWCLI -OperationName RunVI -VIPath <VIパス> <配列の最初の要素> <配列の2番目の要素>...

たとえば、 LabVIEWCLI -OperationName RunVI -VIPath "C:\Users\inlabview.APAC\Documents\DemoProject\RunVI.vi" 101 202

CloseLabVIEW

プロンプトなしでLabVIEWを閉じます。

メモ  VIが開いた状態でこの操作を実行すると、未保存の変更はすべて失われます。この操作を実行する前に、すべての変更を保存してください。

この操作には引数はありません。

この操作をLabVIEW用CLIで実行するには、次のコマンドを実行します。

LabVIEWCLI -OperationName CloseLabVIEW

(VI Analyzerツールキット) RunVIAnalyzer

LabVIEW VI Analyzerツールキットで指定されたVI Analyzerタスクを実行し、指定された場所にテストレポートを保存します。

次の表は、この操作に使用可能な引数を示しています。必須の引数は太字で示されています。

引数 説明 デフォルト
−ConfigPath 解析に使用するVI Analyzerタスク設定が含まれている構成ファイルのパス。
VI AnalyzerまたはVI Analyzer VIを使用して保存した構成ファイルを使用できます。または、VI、フォルダ、またはLLBを指定して解析を行うこともできます。構成ファイル以外の項目を指定すると、VIは、その指定された項目に対してすべてのVI Analyzerテストを行います。
−ReportPath レポートまたは結果ファイルのパス。
−ConfigPassword 構成ファイル (存在する場合) のパスワード。 空の文字列
−ReportSaveType レポートまたは結果ファイルの形式。
この引数の値は、次のいずれかでなくてはなりません。
  • ASCII
  • HTML
  • RSL
ASCII

この操作をLabVIEW用CLIで実行するには、次の構文を使用してコマンドを実行します。

LabVIEWCLI -OperationName RunVIAnalyzer -ConfigFilePath <構成ファイルのパス> -ReportPath <レポートのパス> -ReportSaveType <レポートのファイルタイプ> -ConfigPassword <構成ファイルのパスワード>

たとえば、 LabVIEWCLI -OperationName RunVIAnalyzer -ConfigFilePath "C:\temp\test.viacfg" -ReportPath "C:\temp\output.html" -ReportSaveType "html" -ConfigPassword "abc"

(Unit Test Frameworkツールキット) RunUnitTests

LabVIEW Unit Test Frameworkツールキットで指定されたファイルに対してテストを実行し、指定された場所にJUnitファイルを保存します。

メモ  この操作を実行するには、JKI VI Package Manager (VIPM) ソフトウェアを使用してUTF Junit Reportライブラリをインストールする必要があります。

次の表は、この操作に必要可能な引数を示しています。必要な引数は太字で示されています。

引数 説明 デフォルト
−ProjectPath プロジェクトファイルのパスです。
−JUnitReportPath JUnitファイルを出力するパスです。

この操作をLabVIEW用CLIで実行するには、次の構文を使用してコマンドを実行します。

LabVIEWCLI -OperationName RunUnitTests -ProjectPath <path to project file> -JUnitReportPath <path to output JUnit file>

たとえば、 LabVIEWCLI -OperationName RunUnitTests -ProjectPath "C:\temp\test.lvproj" -JUnitReportPath "C:\temp\test.xml"



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった