タイミングストラクチャの特性(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下は、すべてのタイミングストラクチャに共通する特性です。

  • サイズ変更可能な枠(サブダイグラムと呼ばれる)がブロックダイグラムの一部を囲む
  • 入力ノードが構成データを提供し、出力ノードがエラーおよびタイミング情報を返す
  • ストラクチャ枠にあるトンネルがストラクチャサブダイグラムにデータを受け渡す

以下の画像は、ブロックダイアグラム上のタイミングループを示しています。

以下のとおり、反復端子(出力端子)は、実行された反復の回数を返します。

以下に示された条件端子は入力端子です。ブール値を条件端子に渡すことによりタイミングストラクチャの実行を停止できます。

以下の画像は、ブロックダイアグラム上のタイミングシーケンスストラクチャを示しています。

この画像からも分かるように、タイミングループとタイミングシーケンスストラクチャには類似したノードがあります。以下は、タイミングストラクチャ上のさまざまなノードの詳細情報です。

メモ  ノードを使用してタイミングストラクチャを構成できます。また、さまざまな構成ダイアログボックスを使用してタイミングストラクチャを構成することもできます。ただし、構成ダイアログボックスでは、タイミングストラクチャの構成オプションに対する制御の正確度は弱まります。より高度なアプリケーションでは、より多くの構成オプションを提供する構成ノードを使用できます。
  1. データを入力ノードに配線してタイミングストラクチャを構成します。また、入力ノードを右クリックして、ショートカットメニューから入力ノードを構成を選択し、タイミングループを構成ダイアログボックスを表示することもできます。
  2. 左データノードは、構成オプション値を返し、現在または前のループの反復またはフレームについてのタイミング情報を提供します。
  3. 次のループ反復またはフレームを構成するには、右データノードを使用します。右データノードを右クリックし、ショートカットメニューから入力ノードを構成を選択して、次のフレームタイミングを構成ダイアログボックスを開きます。また、右データノードに値を配線して、次のループ反復またはフレームを動的に構成することもできます。
  4. 出力ノードは、入力ノードのエラー入力からのエラー情報、実行中にストラクチャで発生したエラー情報、およびタイミングループフレーム内で実行されるサブダイアグラムからのエラー情報を返します。出力ノードは、最後の反復またはフレームのタイミングおよびステータス情報も返します。
メモ  デフォルトでは、タイミングストラクチャのノードには、使用できるすべての入力端子および出力端子は表示されません。ノードのサイズを変更するか、またはノードを右クリックしてショートカットメニューを使用して、非表示のノード端子を表示できます。


「タイミングストラクチャ」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった