.NETクライアントアプリケーションを構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEWでは、.NETクライアントアプリケーションとは、.NETアセンブリで定義されたオブジェクトを作成および操作するLabVIEWプロジェクトおよびVIを指します。アプリケーションに.NETオブジェクトが使用されている場合、LabVIEWは一連のデフォルト動作を実行し、参照する.NETアセンブリとそのアセンブリをロードする共通言語ランタイム(CLR)のバージョンを特定します。ただし、このデフォルトの.NETオブジェクトのロードや操作方法を無効にする.NET構成ファイルを作成して、特定のプロジェクトまたはすべてのプロジェクトに使用することもできます。以下のタスクを実行するには構成ファイルを使用する必要があります。

.NET構成ファイルの要件

.NET構成ファイルは次の要件を満たす必要があります。

  • 特定のLabVIEWプロジェクト、共有ライブラリ、またはスタンドアロンアプリケーションに対応する。
  • ファイル名が、構成するファイルの名前の後に.configを足したものである。たとえば、MyApp.lvprojの構成ファイルはMyApp.lvproj.configMyApp.exeの構成ファイルはMyApp.exe.configとなる必要があります。
  • 構成するアプリケーションと同じディレクトリにある。
    メモ  ナショナルインスツルメンツは、LabVIEWプロジェクトに含まれているVIにのみ.NETオブジェクトを使用することを強く推奨します。プロジェクトに含まれていないVIが参照できるのは、LabVIEW.exeがあるディレクトリにあるLabVIEW.exe.configファイルのみです。
  • 構成の目的に適したXMLコンテンツが含まれている。リモート.NETアクセスの設定、ロギングオプションの設定、およびセキュリティの設定を行うための構成ファイルの作成については、Microsoft Developer Network (MSDN)を参照してください。

構成されたプロジェクトからアプリケーションを作成する

.NET構成ファイルを使用するLabVIEWプロジェクトからスタンドアロンアプリケーションを作成した場合は、作成されたアプリケーションにもその構成ファイルのコピーが必要となります。構成ファイルの要件を満たすには、アプリケーションの名前がスタンドアロンアプリケーションの構成ファイルに含まれており、両方のファイルが同じディレクトリになければなりません。

メモ  構成ファイルの配布の詳細については、.NETクライアントアプリケーションと.NETアセンブリを配布するを参照してください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった