詳細ヘルプウィンドウのVIスクリプト情報



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ノードやコネクタペーンの端子を扱うVIスクリプトタスクを実行するには、端子およびコネクタペーンパターンの指標を使用する必要があります。ほとんどのノードやVIの指標は、プログラミングをする際に使いやすいように、詳細ヘルプウィンドウに表示されるように構成できます。

詳細ヘルプウィンドウに端子およびコネクタペーンのパターン指標を表示するには、VIスクリプトを有効にして、オプションダイアログボックスのVIサーバページにあるVIスクリプトの追加情報を詳細ヘルプに表示チェックボックスをオンにします。この選択をすると、詳細ヘルプウィンドウは以下の図のいずれかのようになります。

1  端子指標―表示されたノードのノード:端子[]プロパティが返した、端子へのレファレンスの配列内における関連する端子の位置を識別します。「指標配列」関数で端子[]配列と端子指標を使用すると、特定の端子のリファレンスを取得できます。VIスクリプトを使用してノードから接続されたワイヤにナビゲートする場合や、データを特定の端子に配線する場合に、通常このタスクを実行します。  
2  パターン指標―表示されたVIのコネクタペーンのパターンを識別します。パターン指標は、VIスクリプトを使用したVIのコネクタペーンを構成する場合に使用できます。詳細ヘルプウィンドウにパターン指標を表示するのはVIのみです。  

各パターン指標と関連付けられているコネクタペーンパターンの説明については、labview\examples\Application Control\VI Scripting\Connector PaneディレクトリのConnector Pane Pattern Reference VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった