ビルド仕様を作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

プロジェクトエクスプローラウィンドウで、マイ コンピュータを展開し、ビルド仕様を右クリックして、ショートカットメニューから新規→アプリケーションのタイプを選択します。ビルド仕様の設定を構成するには、以下のダイアログボックスを使用します。

これらの設定を定義したら、OKボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じ、プロジェクトでビルド仕様を更新します。ビルド仕様がビルド仕様の下に表示されます。

仕様を右クリックして、ショートカットメニューからビルドを選択して、ビルドを完了します。アプリケーションは、「ビルド」VIまたはExecuteBuildSpecコマンドライン操作を使用して、プログラム的に作成することもできます。

また、ショートカットメニューからすべてビルドを選択し、ビルド仕様の下にあるすべての仕様を作成できます。

所定の仕様を再度作成する場合、LabVIEWは現在のビルドの一部である前回のビルドからの既存ファイルを上書きします。しかし、バージョン情報ページの自動増分チェックボックスを有効にするか、インストーラの場合に製品バージョンの自動増分チェックボックスを有効にして、適切なビルド先フィールドに[[VersionNumber]]または[[ProductVersion]]タグを使用すると、ディスク上の旧ビルドが上書きされず、バージョン番号が付いた新しいディレクトリが作成されます。

メモ  ビルド仕様を作成するために、プロジェクトを保存する必要があります。保存していないプロジェクトを使用すると、各ビルド仕様の構成に使用するダイアログボックスを開く前に保存を促すプロンプトが表示されます。

コマンドラインからプロジェクトのビルド仕様を作成するサンプルについては、labview\examples\Application Control\Application Builder APIディレクトリのGenerate Programmatic Build Command Line String VIを参照してください。

関連情報

アプリケーションの開発および配布



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった