モジュールコードを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWの他のVIで使用可能なコードを作成するには、サブVIを使用します。大きなブロックダイアグラムは読みにくく、管理も困難です。サブVIを編集すると、その変更は現在のインスタンスだけでなく、このサブVIのすべての呼び出しに影響を与えるため、コード内の一般的で再利用可能な部分を特定し、その部分をサブVIに置き換えることにより、メモリ領域の節約ができ、将来のコード更新も簡素化できます。同じサブVIノードが複数含まれているブロックダイアグラムでは、同じサブVIが毎回呼び出されます。

メモ  サブVIは、テキストベースのプログラミング言語のサブルーチン呼び出しに相当します。

VIを作成した後、それをサブVIとして使用するには、コネクタペーンを作成し、アイコンを作成する必要があります。そうすれば、別のVIのブロックダイアグラムにサブVIを配置することができます。サブVIの制御器と表示器は、発呼者VIのブロックダイアグラムとの間でデータをやり取りします。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった